アクリル板をヒートガンで曲げる方法

ホームセンターで販売されている2mm程度の厚みのアクリル板はヒートガンを使えば結構簡単に曲げ加工できる。

ヒートガンとはドライヤーよりも強い熱風が出る工具だ。

ヒートガン

500度近い熱風が出るがよほどのヘマをしない限りは火傷はしないだろう。適度な距離を保ちながら作業すれば大丈夫である。

そのままアクリル板に熱風を浴びせるわけだが、直角に曲げたいのであれば、下準備は必要。たとえば、クランプを使って木の板でアクリル板を挟めばよいだろう。下の画像の通りである。

まずは、曲げたい位置でしっかりと固定する。

あとはヒートガンの熱風をラインに沿ってスライドさせるようにあて…

ゴムのように柔らかくなってきたら、徐々に曲げてゆき、最後に別の板で押さえつける。(※数秒で柔らかくなるので当てすぎに注意!)

押さえつける時間は長めにした方が良い。短い時間だと戻りがあるからだ。ある程度冷めるまで待たないといけない。

しかし、工程はこれだけだ。そしてこれの繰り返し。簡単でしょ。

機械のプレスを当てたように綺麗にはいかないが、これぐらいの精度では加工できる。

ちなみに今回のアクリル板の加工では水ハネ防止用の蓋を作った。
水槽のエアーポンプのブクブクは結構水のハネが強く、時間とともに周りにしぶきが飛び散るからだ。床が水で濡れるのが嫌だったのだ。

これで照明が水飛沫で汚れることもない。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

作成者: 仲 高宏

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。 電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。 最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。 住まいは古の都、奈良県奈良市、子供二人の四人家族です。