シルバニアファミリー用のラジオフライヤーを作った話

  • 2018/9/17
ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。

ラジオフライヤーというのはアレだ。
キャンプなんかで活躍する大きなタイヤのついたカートだ。

まさしくコレだ。大量の荷物を運んだり、子供が乗ってキャーキャー騒ぐやつだ。おそらくきっと楽しいヤツだ。

ただアレは基本的に自力で作るものではない。購入して手に入れるものだ。大掛かり過ぎるので流石に断ろうと思ったら、「パパ、できないの?」と軽く挑発された。

父のプライドをそんな形でくすぐってくるほど成長したのかウチの娘は!
なんて思っていたらどうやら私の勘違いだったらしい。

よくよく話を聞いてみると、本物が欲しいわけではないらしい。

シルバニアファミリー用の小さなミニチュアサイズのラジオフライヤーが欲しいとのことだった。

危なかった。

もう少しで大掛かりなDIYに着手してしまうところだった。

◇◇◇

そうと分かればチョチョイと始めてみようではないか。まずは牛乳パックを切って適度な大きさに加工する。枡の形にしてみた。

そして布を貼り付ける。

外側は赤い布で、内装はレモン柄にしてみた。

ほら可愛い!

そしてハンドルをつけてみた。

 

だいぶと形になってきたね。
あとはタイヤをつければ完成だ。

ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

タイヤは石粉粘土で作った。

タイヤ軸はΦ4mmの丸棒を使った。

我ながら可愛くできたと思う。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  2. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  3. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  4. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  5. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  6. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  7. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  8. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  2. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  3. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  4. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  5. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  6. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  7. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  8. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る