シルバニアファミリー用のラジオフライヤーを作った話

  • 2018/9/17
ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。

ラジオフライヤーというのはアレだ。
キャンプなんかで活躍する大きなタイヤのついたカートだ。

まさしくコレだ。大量の荷物を運んだり、子供が乗ってキャーキャー騒ぐやつだ。おそらくきっと楽しいヤツだ。

ただアレは基本的に自力で作るものではない。購入して手に入れるものだ。大掛かり過ぎるので流石に断ろうと思ったら、「パパ、できないの?」と軽く挑発された。

父のプライドをそんな形でくすぐってくるほど成長したのかウチの娘は!
なんて思っていたらどうやら私の勘違いだったらしい。

よくよく話を聞いてみると、本物が欲しいわけではないらしい。

シルバニアファミリー用の小さなミニチュアサイズのラジオフライヤーが欲しいとのことだった。

危なかった。

もう少しで大掛かりなDIYに着手してしまうところだった。

◇◇◇

そうと分かればチョチョイと始めてみようではないか。まずは牛乳パックを切って適度な大きさに加工する。枡の形にしてみた。

そして布を貼り付ける。

外側は赤い布で、内装はレモン柄にしてみた。

ほら可愛い!

そしてハンドルをつけてみた。

 

だいぶと形になってきたね。
あとはタイヤをつければ完成だ。

ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

タイヤは石粉粘土で作った。

タイヤ軸はΦ4mmの丸棒を使った。

我ながら可愛くできたと思う。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  2. キッチンツールフック
    今回はキッチンツール用のフックを自作した話です。 キッチンツールフックはホームセンターや雑貨屋…
  3. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  4. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  5. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  6. 机と椅子(人形用)
    娘の5歳の誕生日にあわせてドールハウスを作った。 妻がリカちゃん人形をバースデープレゼントに購…
  7. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…
  8. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  4. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  5. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  6. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  7. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  8. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る