本結び(スクエアノット)の紹介、ロープの端と端を結ぶ基本的な構造を説明

  • 2018/3/4

単純で強いロープの結び方の一つに”本結び”、別名”スクエア・ノット(米国)”もしくは”リーフ・ノット(英国)”と呼ばれる結び方があります。

用途としては一本のロープの端と端を結ぶ、または簡易的に二本のロープを繋ぎ合わせる為に用いられる結び方です。

ここで簡易的にという表現が用いられたのは材質や太さの違うロープや紐でこの本結びを用いるとほどけやすいという特性がある為です。

まずロープ(紐)の端と端を左右から絡めて、先端が同じ上向きにくるようにします。

そして左右の先端を交差させ輪を作ります。

ちなみに 本結びにおいて一番注意すべきポイントは正にこの時で交差した時にどちらが上になっているかをよくよく注視して下さい。「手前から延びた先端は手前、奥から延びた先端は奥」と覚えて下さい。

これが反対になると最終的に強度が低い縦結びになってしまいます。くれぐれもご注意下さい。

 

さて、先程 形作った輪にロープ(紐)の先端を通しますと上の画像の様な綺麗な形になると思います。

この形を頭の中に強くイメージして下さい。

もし、このイメージと違いロープの紋様が8の字になっていたとすれば、

縦結び(グラニー・ノット)

それは縦結び(グラニー・ノット)です。これは本結びではありません。

8の字ではない綺麗な本結びのラインが見えていたなら

後は左右に強く引っ張るだけです。

ギュッと締めます。これで本結びの完成です。


いかがでしたか?

簡単ですが一つの手違いでおかしな結び方になってしまう落とし穴がある結び方ですよね。

今日もブログに来てくれてありがとうございました。またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 作業台と補助台
    日曜大工の基本といえば木材の加工作業となるのですが、まずは作業台がなければ始まりません。na工房では…
  2. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  3. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  4. 黒板付きの扉
    今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見! [caption…
  5. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  6. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…
  7. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  8. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  2. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  3. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  6. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  7. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  8. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る