プラスチックのソリにキャスターを付ける方法

  • 2017/12/16
ソリにキャスターを取付け完成

先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)をつけてみた話をしようと思います。

これですね。

安価な割には結構頑丈なつくりで、子供を連れて芝すべりなんかするのに役立っています。

ただ芝すべりのできる公園まで行くのも結構時間が掛かりますし、雪もあまり降らない地方ですので活躍の機会が少ないなと思っていました。

そんなさなか このソリならプラスチックの厚みもそれなりにありますし、それならキャスターをつけてみようという事になったわけですね。

上の画像は市販のキャスターですが、コロの直径が25mm程度の小さいものです。

何とか取り付けられそうです。

キャスターを仮置きしてマジックインキで穴の位置を決めます。

底面に穴をあけまして、

M4のなべ小ネジ、長さ8mmとワッシャーとナットを用意します。このあたりのサイズは取り付けるキャスターの穴の大きさと取り付ける板の厚みを考慮して選んで下さいね。

先程のなべネジでソリに固定します。

ワッシャーをかませながらナットを締めます。

4ヵ所取り付ければ完成です。

ソリにキャスターを取付け完成

裏面から見るとこのような感じです。

どうですか?思ったよりも簡単ですよね。

このコロ付きソリに子供を乗せて引っ張って移動させてあげるととっても歓ばれますよ。


今日もブログに来てくれて本当にありがとうございます。またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. キッチンツールフック
    今回はキッチンツール用のフックを自作した話です。 キッチンツールフックはホームセンターや雑貨屋…
  2. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  3. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  4. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  5. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  6. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  7. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  8. 外れ止めをドライバーで緩める
    世の中に出回っている網戸掃除の情報は、基本的に網戸サッシをレールから取り外さない事を前提に取り上げら…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  2. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  3. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  4. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  5. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  6. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  7. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  8. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る