プラスチックのソリにキャスターを付ける方法

  • 2017/12/16
ソリにキャスターを取付け完成

先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)をつけてみた話をしようと思います。

これですね。

安価な割には結構頑丈なつくりで、子供を連れて芝すべりなんかするのに役立っています。

ただ芝すべりのできる公園まで行くのも結構時間が掛かりますし、雪もあまり降らない地方ですので活躍の機会が少ないなと思っていました。

そんなさなか このソリならプラスチックの厚みもそれなりにありますし、それならキャスターをつけてみようという事になったわけですね。

上の画像は市販のキャスターですが、コロの直径が25mm程度の小さいものです。

何とか取り付けられそうです。

キャスターを仮置きしてマジックインキで穴の位置を決めます。

底面に穴をあけまして、

M4のなべ小ネジ、長さ8mmとワッシャーとナットを用意します。このあたりのサイズは取り付けるキャスターの穴の大きさと取り付ける板の厚みを考慮して選んで下さいね。

先程のなべネジでソリに固定します。

ワッシャーをかませながらナットを締めます。

4ヵ所取り付ければ完成です。

ソリにキャスターを取付け完成

裏面から見るとこのような感じです。

どうですか?思ったよりも簡単ですよね。

このコロ付きソリに子供を乗せて引っ張って移動させてあげるととっても歓ばれますよ。


今日もブログに来てくれて本当にありがとうございます。またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…
  2. SPFで机を自作!
    今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×…
  3. トラックの荷台で荷物をロープで強く縛りたい時、またアウトドアで木に張力(テンション)をつけてロープを…
  4. レセプタクルの中身
    たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的に…
  5. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  6. クッションシートをめくる
    今回は自転車用チャイルドシート(後ろ側)の取付け方を紹介します。 子供が乗るものだし、自転車屋…
  7. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  8. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  2. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  3. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  4. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  5. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  6. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  7. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  8. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る