プラスチックのソリにキャスターを付ける方法

  • 2017/12/16
ソリにキャスターを取付け完成

先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)をつけてみた話をしようと思います。

これですね。

安価な割には結構頑丈なつくりで、子供を連れて芝すべりなんかするのに役立っています。

ただ芝すべりのできる公園まで行くのも結構時間が掛かりますし、雪もあまり降らない地方ですので活躍の機会が少ないなと思っていました。

そんなさなか このソリならプラスチックの厚みもそれなりにありますし、それならキャスターをつけてみようという事になったわけですね。

上の画像は市販のキャスターですが、コロの直径が25mm程度の小さいものです。

何とか取り付けられそうです。

キャスターを仮置きしてマジックインキで穴の位置を決めます。

底面に穴をあけまして、

M4のなべ小ネジ、長さ8mmとワッシャーとナットを用意します。このあたりのサイズは取り付けるキャスターの穴の大きさと取り付ける板の厚みを考慮して選んで下さいね。

先程のなべネジでソリに固定します。

ワッシャーをかませながらナットを締めます。

4ヵ所取り付ければ完成です。

ソリにキャスターを取付け完成

裏面から見るとこのような感じです。

どうですか?思ったよりも簡単ですよね。

このコロ付きソリに子供を乗せて引っ張って移動させてあげるととっても歓ばれますよ。


今日もブログに来てくれて本当にありがとうございます。またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. SPFで机を自作!
    今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×…
  2. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  3. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  4. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  5. 吊戸棚にキッチンペーパーホルダーを取付け
    余分な油を吸い取ったり、野菜の水をきったりするのに欠かせないキッチンペーパーですが結構かさばりますし…
  6. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  7. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  8. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  2. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  3. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  4. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  5. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  6. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  7. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  8. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る