繊細なデザインの線を切り抜くならカットワーク用のハサミが良いですよ、布やフェルト生地も綺麗に切り抜くことができる

  • 2017/2/27
手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く

カットワークの作業は本当に繊細です。

その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線で切り抜こうとすると、普通のハサミでは仕事が難しくなってきます。

腕(技術)の差は個々人あるかもしれませんが、結局は道具の差になってきます。別に目が飛び出るほどの高級な値がはる品物でないと駄目と言っているわけではありませんが、やはりそれ用の専門的な道具を使った方が圧倒的に綺麗に仕上がります。

手芸屋さんにいくとパッチワークや、カットワーク用のハサミが販売されていますので一度見てみると良いかと思います。

実は先日3cm四方のフェルト生地を普通のハサミを使い、鹿のシルエットを切り抜こうとしていたのですが、どれだけ慎重に作業をしても上手くいきませんでした。

そこで手芸屋さんで刃先が細くて、刃渡りが短いカットワーク用のハサミを購入。試しに切ってみると、自分でも驚くぐらいすんなりと作業が進みました。クロバーの“115”というモデルのハサミです。ちっさくてかわいいです

刃先の差

刃先の差

上の画像をご覧ください、右側が手芸用のハサミになります。左は普通のハサミになりますが、比べますと、カットワーク用のハサミの方が鋭く尖っているのが分かるかと思われます。

この先端の鋭利な形状が細かな作業に向いているのです。

刃先の差、その2

刃先の差、その2

角度を変えて撮影してみました。より一層その差が感じられるはずです。

さて、実際に切ってみます。

鹿のシルエットを切り抜く

鹿のシルエットを切り抜く

上の画像をご覧ください。さらに実際に鹿のシルエットを切り抜いていく作業の様子を撮ってみました。

下書きのラインに沿って綺麗に切り抜くことが出来ます。

手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く

手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く

切り抜いた鹿のシルエットとハサミを物差しと並べてみました。これで大体の細かさが分かるかと思います。

ミクロとまではいきませんが、ミリ単位の手仕事ならこれで対応可能だと実感しました。

綺麗に仕事ができると嬉しいですよね‥

クラフトの世界は奥が深いです。

調べますと、見たこともない様な道具がたくさん出てきますので良かったら覗いてみて下さい。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. トラックの荷台で荷物をロープで強く縛りたい時、またアウトドアで木に張力(テンション)をつけてロープを…
  2. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  3. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  4. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  5. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  6. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  7. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  8. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  4. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  5. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  6. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  7. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  8. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る