子供の長風呂でお困りの時はこんな対処方法もありますよ

  • 2017/2/5
ぽかぽか温まる息子の絵

わが家のおチビちゃん達は大のお風呂好きです。

3歳の娘と1歳の息子ですが、湯船に入って遊びだしたら、まあ出てきません。アヒルのオモチャだとか水鉄砲だったり定番のお風呂アイテムと共にいつまでもちゃぷちゃぷ遊んでいます。

10分や20分位ならいいんですが、下手すると1時間ぐらい平気で浸かっているからタチがわるい。

ちょっと叱ってみたり、強引に湯船から引っぱり出してから体をバスタオルで拭いて、リビングにダッシュしたりだとか色々試してみたんですが、どうにもうまくいきません。

めちゃ不機嫌になるんですね。もう諦めかけていました。

しかしですね、そんな時に目についたのが湯船の温度設定でした。

実は以前42℃設定だった時に娘が熱くて入れなかった経緯があり、40℃まで下げていたんですね。

安心して子供たちが湯舟に入っていられる反面どうにも中途半端な湯温なので、大人としてはちょっとぬるいなと感じていました。

もしかして1℃だけでも設定温度を上げれば状況がちょっと変わるかもしれない。

お湯の設定を1℃上げてみる

お湯の設定を1℃上げてみる

淡い期待をしつつ、早速湯船の設定温度を1℃上げてみました。

41℃設定です。

子供に熱くないかどうか確かめてもらう、うん、大丈夫そうだ。早速お風呂に入ろう。

ぽかぽか温かいイメージ

奇跡が起きました。

あれだけ叱っても何してもお風呂から出ようとしなかった子供たちが、15分もすると自分達から「もうお風呂から出る」と言い出したのです。

スゴい、童話の“北風と太陽”のようです。

父親や母親の怒りや小言よりも、たった1℃の温度設定が子供たちを動かしたのです。これが2℃だと熱すぎて入れないと言うのだから、私達が考える以上に1℃の差というモノは大きい訳ですね。

何だか分かりませんが、感動しました。

ぽかぽか温まる息子の絵

ぽかぽか温まる息子

冬場はお風呂であったまるのが気持ち良いですよね。

こういうのをお湯に浮かべても良いですよね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 床拭きに挑戦
    ここ数日の話ですが急に床(フローリング)がつるつる滑る様になりました。床の塗装の具合が悪いのか、冬と…
  2. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  3. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  4. SPFで机を自作!
    今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×…
  5. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  6. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  7. 外れ止めをドライバーで緩める
    世の中に出回っている網戸掃除の情報は、基本的に網戸サッシをレールから取り外さない事を前提に取り上げら…
  8. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  2. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  5. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  6. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  7. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る