マメと暮らしについて会話したり考えたりしてみました

  • 2017/2/3

別に何が見たいってわけでもなかったんだけれども、たまたまついてたテレビからアフリカの映像が流れてきた。

そこには“色んな大きさの豆をお椀いっぱいに乗せて美味しそうに食べる子供たち”の姿が映し出されていた。貧困にあえぐ子供たちの姿との紹介だったが、ご飯を頬張るその姿は元気いっぱいで可愛らしかった。

辛いことがあってもご飯食べている時は元気になれるもんね。

不意に妻が「スゴいね、アフリカの人ってあんなに豆を食べるんだね」と口にした。確かに色んな大きさの豆をゴロゴロ似たような食べ物はあんまり日本ではお目にかからない。

それでも何か心に引っ掛かった私は即座に「我々だって毎日のように納豆食べてるやろ?あれマメやで」とツッコミを入れてみた。他愛もない会話である、生産性は全くない。

しかしまあよくよく考えてみると、納豆に限らず本当に我々の暮らしには常に豆が存在していることに気が付いた。アフリカの食事のようにマメ本来の姿で目にしていないからあまり気付かないんだろうな。

とみそ汁を口にしながら考えていました。

そういや味噌も豆から出来ているよね、大豆は豆だ。

味噌汁の中に豆腐が浮かんでいる、白くて四角いがこれも原材料は大豆だ。

これにご飯に納豆‥朝食にこれらが出ればそれは幸せの最終形態といっても過言ではない。いや、別にのろけているわけではないよ。

出勤する。途中一服するのにコーヒーを飲んだりする。液体だけどあれもそうだよね。

コーヒー豆

コーヒー豆

ただ大豆ではなく、珈琲豆ですが‥

豆であることに代わりはない。

こうなってくると日本におけるマメは暮らしに溶け込みすぎて豆としての原形をとどめていないんだね。

形は違えどアフリカの人も日本の人もみんな豆と共に日々暮らしているんだなー

 

あ、今日は 2月3日、節分だね。

豆をまく日でもあるね。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 吊戸棚にキッチンペーパーホルダーを取付け
    余分な油を吸い取ったり、野菜の水をきったりするのに欠かせないキッチンペーパーですが結構かさばりますし…
  2. ストレスなく届きます
    電動ドライバーは便利な工具ですよね?特に長めのビスを打つ時や、打ち込む本数が多い時なんかはその有り難…
  3. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  4. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  5. 黒板付きの扉
    今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見! [caption…
  6. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  7. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…
  8. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  2. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  3. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  4. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  5. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  6. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  7. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  8. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る