ディスクグラインダーの基本的な使い方【切断編】、鉄パイプや長モノをサクッとカットする方法

  • 2017/1/25
カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い

「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験ありますっていう回答が返ってくるかと思います。まあ小学校や中学校の工作技術の授業でもやりますしね。

しかし「鉄パイプや金属を切った経験がある人はどれぐらい?」と言われるとその経験者の数は極端に少なくなるのではないかなと私なんかは思います。

工業高校や技術専門校なんかを出られた方はもちろんご存知だとは思いますが、その他の方は結構知らずに大人になっていく方も多いんではないかと思います。既にご存じの方も今回はちょっとしたおさらいの意味も込めて読んでいただけたら良いなと思います。

今回はディスクグラインダーという電動工具を用いて鉄パイプやステンレスパイプ等の金属をサクッと切断する方法を紹介致しようと思います。

ホームセンターでも手軽に手に入りますし、本当に数秒で切ることが可能ですのでこういう便利なものだという事を知っていただくだけでも結構だと思います。

ディスクグラインダー

ディスクグラインダー

円盤状の切断砥石が付いたこの電動工具がディスクグラインダーです。

使用用途としましては直線的な切断、研磨、研削作業になりまして、そしてその作業に応じて適切な刃を付け替えることになります。

今回は切断ですから、切断用の薄い円盤状のディスクを用意します。

金属切断用の刃自体はそれほど高価なものではありませんが、ただ刃物というよりは砥石に近い代物ですので、使用頻度が多いと摩耗してなくなってしまいますので、切断量が多い場合は予備に複数枚必要になる場合もありますのでそこだけ注意して下さい。

さて、それでは刃を取り付けるまでの行程を説明致します。

保護カバー取り付け前

まずは本体に保護カバーを取り付ける事から始めます。金属を切断する時は火花が発生しますので、こちらに飛んでこないようにカバーをする必要があります。

ディスクグラインダーに保護カバーを取り付ける

ディスクグラインダーに保護カバーを取り付ける

始めに迷う方が多いのですが、この方向で差し込みます。これは溝が掘られていてこの向きでないとハマらないからです。そしてはめ込んだらここから180度回転させます。

付属のレンチで固定

付属のレンチで固定

180度回転させるとこのようになると思いますが、ここで付属のレンチを用いて固定します。

ここからフランジ→切断砥石→ロックナットの順番で締め付けていきます。

まずフランジ

まずフランジ

まずフランジを軸に通して、

次に切断砥石

次に切断砥石

次に切断砥石(ディスク)をはめます。

最後にロックナット

ロックナット

そしてにロックナットを取り付けます。

シャフトロック

シャフトロック

そして最後にロックナットを締め付けるのですが、刃の反対側にシャフトロックのスイッチが付いていますので、ここを強く押して凹ませます。中途半端にしか凹まない場合は刃を少し回転させます。するとストンと凹むポイントが出てくるはずです。

締め付ける

締め付ける

最後に付属のロックナットレンチで締め付けます。この時先程のシャフトロックは押したままにしておいて下さい。でないと空回りするだけですので‥

さて、ここまで来ますと後は電源スイッチを入れて切断するのみですが、火花が散りますので外で作業するようにしましょう。

いよいよ鉄パイプを切断

いよいよ鉄パイプを切断

いよいよ鉄パイプを切断ですが、馴れない内はいきなり回転スピードMAXでいくのではなく、試しに少し回転速度を落として、鉄パイプに当ててみる、そして火花がどのように飛んでいくかを見極めてから本格的に切断する方が無難だと思います。

ダレデモ初めては怖いものですし、たとえ試し切りでも少し経験するとちょっとした安心感を得ることが出来ますよね。

切断した鉄パイプ

切断した鉄パイプ

本当に数秒の話ですし、両手が塞がっていましたので、切断最中の画像は撮れませんでしたが、見事に切断された鉄パイプがこちらになります。

やってみれば非常に簡単ですよ。

特にこの技術が役立つのは実はゴミだしの時だったりします。例えば、物干し竿なんかの長モノは本来ならば粗大ゴミなのですが、これは30cmずつ程度にカットすれば燃えないゴミ【不燃物】として処分できます。

各自治体毎に色々違いはあるでしょうが、基本的に粗大ゴミはこちらから連絡しないと来てくれないという不便さがあると思います。

カットするだけで“燃えないゴミ扱い”として、定期回収してもらえるならそっちの方が良いですよね。

ちなみに先日も捨てるに捨てれなかった鉄のパーツがあったのですが思いきってサクッと切断しました。これで燃えないゴミ扱いになります。

カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い

カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱いに

角パイプだろうが、分厚いめの鉄だろうが問題なくカットできました。

ディスクグラインダー、便利な電動工具です

 

 

ちなみに別記事ではコンクリートを綺麗にならす方法を紹介しています。良かったらこちらもどうぞ

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  2. ソリにキャスターを取付け完成
    先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)…
  3. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  4. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  5. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  6. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  7. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  8. メタルラック、スチールシェルフ、呼び方は色々ありますが金属製のポールとワイヤーラックを組み合わせて自…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  3. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  4. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  5. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  6. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  7. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  8. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る