精密ドライバーの分かりやすい説明と紹介

  • 2017/1/10
精密ドライバーセット

通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具の一つに“精密ドライバーセット”があります。

私の妻なんてその存在自体を知らなかったみたいですが、ある日のこと眼鏡のネジが緩んでいたときに、パッと取り出してキュキュッと締め直してあげると「え?何それ、凄い!」とこちらの期待以上に感心されて気分が良かったというエピソードがあります。

実はプラス【+】ドライバー(ねじ回し)のサイズにはJISで定められた工業規格があるのですが、皆様に分かりやすく説明すると一般的に使用頻度が高く、普段よく目にするプラスドライバーのサイズが“#2”と呼ばれるモノです。木ネジなんかはこのサイズで締めるものがほとんどです。

そしてそれより小さい規格サイズに“#1”や“#0”、“#00”、“#000”等のモノがあり、このレベルのドライバー(ねじ回し)を精密ドライバーといいます。

マイナス【-】ドライバーでは1.0mmや1.2mm等の幅の小さな規格が揃っています。

精密ドライバーセット

精密ドライバーセット

並べてみるとこの様な感じですね。

何だか可愛いでしょ、持って触っているだけで愛着がわいてきます。

構造的にヘッド部分が回転するように出来ており、人指し指でヘッドを押さえながら、親指と中指でクルクルと回して使用します。

眼鏡のネジ部分

眼鏡のネジ部分

上の画像を見てください。

眼鏡のフレーム部分になんかはこんな小さいネジが使われています。

このレベルですと“#00”や“#000”規格のプラスドライバーを使用することになります。普通のドライバー(ねじ回し)では絶対にはまらないですものね。

精密ドライバーの存在を知らない人から見れば、こんなのが回せるネジ回しなんてものは眼鏡屋さんやそれとも時計職人等の専門家でないと持っていないと思ってしまうみたいです。

いやいや、普通に手に入りますからね。

こんな小さな工具ですが1セットでも持っているといざという時に役に立ちます。

それこそ眼鏡に限らず、小さなお子さま向けのオモチャの電池を替える際にも活躍することもあります。

最近のオモチャは電池交換部分をネジ止めしていることが多いです。簡単に開いちゃうとボタン電池の場合、子供が勝手に取り出して飲み込んでしまうしまうこともありますからね。

オモチャメーカーさんもこの辺りに関しては細心の注意を払っている訳ですね。

小さい工具ですが、小さいだけに無ければ絶対に人の力で開かないネジを回せるアイテム、それが精密ドライバーです。

何せ1セットあると何かと便利ですよ。下記にアマゾンのリンクを貼っておきます。

初心者向けに書いた記事でしたがいかがでしたか?

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  2. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…
  3. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  4. メタルラック、スチールシェルフ、呼び方は色々ありますが金属製のポールとワイヤーラックを組み合わせて自…
  5. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…
  6. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  7. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  8. SPFで机を自作!
    今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  2. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  3. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  4. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  5. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  6. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  7. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  8. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る