木への渇望感がそこにあった

  • 2017/1/13
絵本棚製作完成

“頭よりも自分の手を信じた方が良いこともある”

我が家には木で出来たモノが多い。

こんなブログを書くぐらいですから家にある電動工具の数も一般の家庭よりは多いと思います。

そして「あーでもない、こーでもない」と頭を捻りながら工作していく訳ですから、木工品がどんどん増えていきます。

しかし、これは結果としてなりゆきで増えたモノなのかなと言うと実はそうでもないことが分かってきました。たまにふと自問してみるんです。「これは単なる“なりゆき”なのか?」って‥

すると心の中に一つの衝動があって、それを中心に広がって今に至ってるんですね。

“木への渇望感”

大人になって家をローンで購入した時に湧いた感情です。親元にいるときには無かった感情。

何でも自分で思い通りになるわけではありませんが、どの様にこの家に住みたいのかと考えた時に“手”で家に触れてみて気付いたんです。

木が無いなと‥

木造住宅なので柱なんかには使われているのですが、直接肌に触れる事ができる箇所には木がない。

壁紙でおおわれた何もない空間にポツンと裸足で立ってみる。床は一見木に見える。しかしフローリングがつるつるしているのはコーティングされているからだ。木肌のあの感じはない。壁紙は真っ白で綺麗だったが、ビニールクロスだ。

家を購入したという高揚感の脇で同時に起こった何とも言えない虚脱感。

しかし今なら何にもないこの空間に何でも置ける。

叩けばコンコンと音のする木の何かを置きたい。

机でも棚でも何でも良いが、ウレタンコーティングされた様なモノではなくて、木が直接肌に触れられるモノが良い。

売ってるのか?

しかし、近所を探し回っても都会に物色しに行ってもそんなものはどこにもなかった。商品として並んでいる規格品を眺めていて思った。

“自分で作った方が早い。”

驚くべき事に“木への渇きとも言える衝動”が私から市販品で満足するという選択肢を排除したのです。

何かを棄てるということは、代わりに何かをそこに填める事が出来るということです。

市販品を諦めた時に、頭で心配する私をよそに私の“手”が語りかけてきました。「任せろ」と。その時私は頭ではなく自分の手を信じました。

今から思えばあの時はどうにかしていたと思うが、分からないながらガンガン攻めていたら結果として色々出来てしまった。洗練されたデザインなんてものは無かったが、武骨でも自分で作った木工作品はかわいかった。

随分と好きにやらかしたものです。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  2. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  3. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  4. 飾り棚側面
    テレビまわりは目立ちますし、出来ればオシャレにしたいですよね? 今回は集成材でテレビボードとそ…
  5. ラブリコで柱をたてる
    家の中で縦の空間を有効活用したいというのは皆がよく思うことだと思いますが、例えば天井一杯に棚を取り付…
  6. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  7. 棚作りをするにしても、その他の木工作品を作るにしても日曜大工(DIY)の現場で直角に線を引く機会は想…
  8. ハタガネで密着保持
    今回は接着剤と相性の良い道具を紹介します。 その道具の名前は“ハタガネ”といい、構造的には金属…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  4. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  5. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  6. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  7. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  8. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る