コンクリート表面のガタガタを綺麗にする方法、ディスクグラインダーで削りながら磨く

  • 2017/1/15
ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃

“コンクリートのザラザラした部分やガタガタした箇所を自分で綺麗にすることは可能か?”

電動工具を使って何とか出来ないものかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないかなと思います。

その様な訳で今回はディスクグラインダーを用いたコンクリートの研削加工の紹介をしてみたいと思います。(※表面を磨くというよりも、削り出しながら表面を綺麗にしていく作業になりますので研磨ではなく研削と呼ぶらしい)

以前に駐車場の目地をコンクリートで埋めた話をしたことがあったかと思いますが、大雑把にコンクリートをうってしまった為に多少デコボコしたポイントが出来てしまいました。

コンクリートのザラザラした部分

コンクリートのザラザラした部分

この通りです。

固まる前に鏝(こて)でしっかりと押さえておけば良かったのですが、うっかり忘れてしまい気付いたときには既に硬化が進んでしまっておりました。

木材だったらオービタルサンダで綺麗に整える事が出来るのですが、コンクリート相手では分が悪そうです。試しにやってみましたが‥

試しにオービタルサンダでコンクリート研磨に挑戦

試しにオービタルサンダでコンクリート研磨に挑戦

十秒程度研磨してみましたが

削れますが能率が悪すぎる

削れますが能率が悪すぎる

上の画像の通りです。

削れますが能率が悪すぎます。こんなことでは日が暮れてしまいます。

この様な時にはディスクグラインダーの登場です。

ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃

ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃

ディスクグラインダーは様々な種類の円盤状の刃を取り付けて、金属や石材・コンクリート等を研磨したり切断することが可能な電動工具です。

今回はコンクリート研削用の刃を取り付けて、コンクリートのザラつきやガタつきをガリガリと削りながら研削して綺麗に整える事が出来ます。

そして作業に入る前に‥

まず先に刃を装着させる際の注意点ですが、下の画像を見てください。

ダイヤモンドホイールを軸に通すと軸とディスク穴との間に隙間が出来るかと思いますが、付属のリングで埋める事が出来ます。いや埋めないと事故が発生するはずですので必ず取り付けて下さい。

付属のリングを忘れずに

付属のリングを忘れずに

このリングがないと刃が中心からズレるはずですので、無かったときの事を思うとまあ想像するだけで恐ろしいですよね‥

さてここで‥

研磨ではなく敢えて研削用のダイヤモンドホイールを用いるのには理由があります。

コンクリート用のサンディングディスク

コンクリート用のサンディングディスク

コンクリート用といえば上の画像の様なサンディングペーパーを円盤状にしたディスクもあるのですが、先程のオービタルサンダと同様にデコボコが多いときは能率が悪いのです。

試してみましたが、オービタルサンダよりはもちろん良いですがやはりコンクリート用とはいえ研磨向けといった感じです。

はじめの方に研磨と研削の違いを注釈として説明しましたが、正にその差がそこにあります。

ですからある程度のレベルまでは研削して整えるのが良いなという事が自分で試してみて判った一番の近道でありました。

実際に作業を始めますと強烈なモーター音とガリガリガリと削れるコンクリートの砕ける音が入り交じり、

ディスクグラインダーでコンクリートの表面を研削して綺麗に整える

ディスクグラインダーでコンクリートの表面を研削して綺麗に整える

 

かなり騒音と粉塵が発生しますが、暫く作業を続けますと、上の画像の様に綺麗になってきます。

いま騒音と粉塵の話をしましたが、作業前にはゴーグルと防塵マスクとイヤーマフを用意して下さい、圧倒的に楽になりますよ。

プロのようにはいきませんが、diyでも見映えはかなり良くなりますよ。

ただし注意点として一つ、この方法でも一人で広大な面積をこなす事は無理だと思われます。粉塵の量も半端なくなりますし、振動で腕がダルくなってしまうものと思われます。

あくまでdiyでやるのは補修向けといったところでしょうか‥


ディスクグラインダーは変速できるタイプがお奨めです。


今回使用しましたコンクリート研削用のダイヤモンドホイールです。

 

 

続きの話です。削ってきれいになったコンクリートの目地の部分に人工芝を貼りました。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  2. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  3. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  4. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…
  5. トリマーとボーズ面ビット
    トリマーという電動工具はとても便利な道具です。ひとつあれば日曜大工(DIY)の世界がぐっと広がります…
  6. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  7. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  8. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  2. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  3. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  4. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  5. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  6. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  7. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  8. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る