10月に植えたチューリップの球根たち

  • 2016/12/28
10月に植えたチューリップの球根

スマホで撮った画像を見返してみると、一枚の写真に目が止まりました。

花壇にチューリップの球根を植えたときのモノでした。日付は10月の15日となっている。もうあれから2ヶ月経ったんだなと感じると同時に未だ芽が出てこない庭の花壇の事と植えた日の出来事を思い起こしてみる。

3歳の娘はしきりにお手伝いをしたがる。

その日はチューリップの球根を植えるのを応援してくれた。
ピンクの花が咲く球根を10球、黄色の花が咲くのを10球購入しましたが、もちろん娘はそんなこちらの都合など知りません。

開始10秒で混ざってしまった見分けが全くつかない球根達を一球ずつ眺め、「君は何色のチューリップになるんだ?」と私はぼやきました‥

答えは春になれば分かると思いますが、今も目に見えないところで根を張っているであろう球根たちの事を想うと何だか少し愛おしい。

10月に植えたチューリップの球根

10月に植えたチューリップの球根

ところ狭しと植えたチューリップの球根たち、自作の花壇で存分に咲き誇って欲しい。

球根を見つめる娘

そして植えられた球根をつぶさに見つめる娘。

たった2ヶ月程度だけ前の事なのにもう何だか懐かしい。

それはそうと10月なのに結構な薄着だね、涼しくなってきたのになかなか衣替えしてくれなかったんだよね、確か‥

この花壇を作ったときの記事は下記リンクから読めますよ。良かったら立ち寄って下さいね

ブログに来てくれてありがとうございました。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  2. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  3. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  4. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…
  5. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  6. トリマーとボーズ面ビット
    トリマーという電動工具はとても便利な道具です。ひとつあれば日曜大工(DIY)の世界がぐっと広がります…
  7. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  8. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  2. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  3. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  4. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  5. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  6. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  7. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  8. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る