10月に植えたチューリップの球根たち

  • 2016/12/28
10月に植えたチューリップの球根

スマホで撮った画像を見返してみると、一枚の写真に目が止まりました。

花壇にチューリップの球根を植えたときのモノでした。日付は10月の15日となっている。もうあれから2ヶ月経ったんだなと感じると同時に未だ芽が出てこない庭の花壇の事と植えた日の出来事を思い起こしてみる。

3歳の娘はしきりにお手伝いをしたがる。

その日はチューリップの球根を植えるのを応援してくれた。
ピンクの花が咲く球根を10球、黄色の花が咲くのを10球購入しましたが、もちろん娘はそんなこちらの都合など知りません。

開始10秒で混ざってしまった見分けが全くつかない球根達を一球ずつ眺め、「君は何色のチューリップになるんだ?」と私はぼやきました‥

答えは春になれば分かると思いますが、今も目に見えないところで根を張っているであろう球根たちの事を想うと何だか少し愛おしい。

10月に植えたチューリップの球根

10月に植えたチューリップの球根

ところ狭しと植えたチューリップの球根たち、自作の花壇で存分に咲き誇って欲しい。

球根を見つめる娘

そして植えられた球根をつぶさに見つめる娘。

たった2ヶ月程度だけ前の事なのにもう何だか懐かしい。

それはそうと10月なのに結構な薄着だね、涼しくなってきたのになかなか衣替えしてくれなかったんだよね、確か‥

この花壇を作ったときの記事は下記リンクから読めますよ。良かったら立ち寄って下さいね

ブログに来てくれてありがとうございました。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  2. トリマーとボーズ面ビット
    トリマーという電動工具はとても便利な道具です。ひとつあれば日曜大工(DIY)の世界がぐっと広がります…
  3. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  4. ベビーゲート
    今回はベビーゲートの紹介です。子供が1歳を迎える頃には用意しておいて損はない便利な商品です。メーカー…
  5. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  6. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  7. 吊戸棚にキッチンペーパーホルダーを取付け
    余分な油を吸い取ったり、野菜の水をきったりするのに欠かせないキッチンペーパーですが結構かさばりますし…
  8. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  2. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  3. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  4. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  5. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  6. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  7. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る