すべって危ない床やフローリングの日常対策

  • 2016/12/30
床拭きに挑戦

ここ数日の話ですが急に床(フローリング)がつるつる滑る様になりました。床の塗装の具合が悪いのか、冬という乾燥した季節のせいなのか、具体的な原因は分かりませんがとにかくよく滑る。

何だか危ないなと思っていた矢先、今日ついに娘がツルッと派手にこけてしまいました。

これはいけない。“何か対策しないといけないな”と感じ、とりあえずネットを検索してみたところ、思いの外この手の悩みは世の中で多いことに気付きました。しかも、ほとんど解決出来てないという事実に驚きました。

内容も“かたく搾った雑巾で拭く事”ぐらいの対策しか出てこない。そんなわけないでしょうと心の中で思わずツッコミをいれてしまいます。

試しにキツくしぼった雑巾で念入りに拭いてみましたが、特にやはり変化はありませんでした。

どうしたものか。もう一度簡単に自分で塗装するかな?でもワックスを塗っても余計に滑るだけだし、何か良いものないかなと思い、とりあえず近くのホームセンターに寄ってみました。

フローリング用のクリーナー&ワックス

フローリング用のクリーナー&ワックス

何だ、あるじゃないですか。

床(フローリング)用のクリーナー&ワックス、しかも“滑りにくくします”という丁度良いキャッチーなコピー付き。

ワックスなのに滑りにくいとはどういう事なのか疑問に思いましたが、そりゃ世の中のニーズに応えたんだろうと軽い気持ちで強引に納得した私は早速購入して試しに使ってみる事にしました。

ダメならまた別の方法を試せば良いでしょう。いつもながらの調子です。そんなに価格が高いものでもないですしね。

床拭きに挑戦

床拭きに挑戦

早速、家に帰って床拭きに挑戦です。年末の大掃除の時で本当に良かったです。普段よりもすんなり作業に入れます。

シュッシュとスプレーしながら、古タオルを雑巾として使い、床を拭く。

拭いている最中、少し光沢が出るのと同時に作業する手にキュッとした感触が生まれました。お?これはいけるんじゃないか‥

途端に楽しくなってきました。

サッと拭いた後、5分ほど乾くのを待って歩いてみました。凄い、そりゃワックスなので当然滑ります。ただ先ほどまでコケるほど滑っていた床とはうってかわって適度な感じに変化しました。もう全然違います。

かたく搾った雑巾だけで拭いていた先ほどとは雲泥の差です。娘にも歩かせてみましたが、「あれ?滑らなくなった」と好反応。

これがいつまで持続するのかは分かりませんが、緊急対策としては合格と言って良いレベルだなと感じました。

結果として、滑り止め専用の塗装ではないのでキュッキュと劇的にすべらなくなるわけではありませんが、日常生活に支障がでない程度には充分にもっていけるといったところでしょうか。

今回は良い買い物をしました。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  2. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…
  3. 黒板付きの扉
    今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見! [caption…
  4. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  5. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  6. 瓶のプラスチックキャップを取り外す
    家庭内でのゴミの分別は面倒くさい作業ですが、ちょっとした道具で画期的に楽になったりしますよね。 …
  7. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  8. レセプタクルの中身
    たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的に…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  3. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  4. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  5. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  6. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  7. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る