仕上げにブライワックスを使ってみよう

  • 2016/9/12
LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚

素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥

これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房ですがいつも悩むのは最後の仕上げ方法だったりします。

時に蜜ろうワックス(着色のないモノ)で仕上げ、時に亜麻仁油で仕上げたりと色んな方法を試してきましたが、最近になって何となく自分のスタイルが出来上がってきたなと感じます。

そんな中、今回はBRIWAX(ブライワックス)を使用してみた感想を記事にしたいと思います。

BRIWAX(ブライワックス)

ブライワックスもカテゴリー的には蜜蝋ワックスなのですが、言うなれば「ワックスを塗りながら着色出来ますよ」というのがその特長で、中でも様々な色合いがあるのですが、個人的に最近はアンティークブラウンという色を多用しています。

BRIWAX(ブライワックス)アンティークブラウン

上の画像がブライワックスのアンティークブラウンです。パッと見 ドロッとしたワックスですので濃い色になりそうなモノですが、着色していない木に直接塗ってもそれほどキツイ感じにはなりません。

繰り返しになりますが、ナチュラルな蜜ろうワックス等とは違い、BRIWAX(ブライワックス)は事前にステイン系の塗料で着色しなくてもある程度ワックス掛けと同時に着色できます。

しかし、時としてあまり強い色に仕上げたくない場合なんてのもありまして、そんな時にアンティークブラウンは重宝します。

BRIWAX(ブライワックス)アンティークブラウン1回塗りの棚

BRIWAX(ブライワックス)アンティークブラウン1回塗りの棚

上の画像はBRIWAX(ブライワックス)を1回塗り、布でさっと拭き取っただけの小さな棚ですが、それだけで生の木とは違う艶やかな雰囲気が出てきます。殆ど着色無しで油分だけが刷り込まれている感じです。

スチールウールやスポンジ式の研磨材なんかで擦り付けながら塗ると重厚な風合いになります。(本来はこのやり方がメーカーが薦める塗り方)

複数回重ねるとより重たいイメージになります。

そんなに何回も重ね塗りしたくないよという方は更に濃い色のモノを使っていただくか、事前に着色を施すと思い通りの風合いになるんではないかと思います。

着色塗料(ミディアムブラウン)の上からBRIWAX(アンティークブラウン)を塗った作業台

着色塗料(ミディアムブラウン)の上からBRIWAX(アンティークブラウン)を塗った作業台

上の画像はステイン系の水性塗料、色はミディアムブラウンで事前に着色してからBRIWAX(ブライワックス)のアンティークブラウンを塗った作業台です。

実はこの方法が最近一番私が好んで使用している仕上げ方法になります。単純に風合いが好きだだとか、手間が少なくてもそれなりに仕上がるなど理由は色々あるのですが、BRIWAX(ブライワックス)だけでは防腐効果や防虫効果がないというのが大きいかと思います。

ワックス前にステイン系の水性塗料を施すとその効果がグッと上がります。成分が木の中に浸透していくのがステイン系塗料の特長ですから、その上からワックスを塗れるんですね。

ペンキだとこうはいかないんですね、何せペンキの場合は木の表面に被膜を作るわけですから、ペンキが邪魔でワックス出来なくなってしまうのです。

あとはブライワックスを使用する際のポイントですが

スチール研磨材で擦り付ける

スチール研磨材で擦り付ける

上の画像の様にワックスオイルを塗った後スチール研磨材やスポンジ式の研磨材なんかで木材に擦り付けながら塗り付けることです。刷毛だけだとムラになりますので、この擦り付ける工程が重要です。

後は余計な油分をウエス等の布切れで綺麗に落としてあげると完了です。

亜麻仁油は仕上げ後ベトッとした感じになり乾いて使用できるようになるまで相当な日数がかかるのに対して、蜜ろうワックスやBRIWAX(ブライワックス)等のワックス類は晴れた夏の日であれば数時間天日干しで充分に使用可能になるところが素人のdiyに持ってこいだなと私なんかは思うのです。

見た目もプロっぽくなりますし。


ちなみにもうちょっと濃いダーク系の色にしたい時はオールナット(ウォルナット)の水性着色塗料を使うとグッと雰囲気が締まります。上の画像の棚はオールナットで着色した後にブライワックスのアンティークブラウンを上から擦り込んでいます。

LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚

遠目から見るとこの様な感じです。

(オールナットで着色した玄関脇の棚です。)


ステイン系の水性塗料(ミディアムブラウン)

ステイン系の水性塗料(オールナット)


ブライワックスのアンティークブラウン


いかがでしたか?今日もブログに来てくれてありがとうございました。またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  2. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  3. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  4. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  5. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  6. 日曜大工(diy)で木材を加工切断したい。ジグソーや丸のこがあることを知ったがいまいちどちらを買えば…
  7. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  8. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  2. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  3. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  4. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  5. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  6. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  7. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  8. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る