人をあまり責めない言い方

  • 2016/9/29

ちょっとした事だと思うんですが‥

例えば、誰かが仕事か何かで失敗をしたとしていきなり「おい、何でそんなミスをしたんだ!」と責めると相手はどうしても畏縮してしまいますよね。

そんな時はなるべくなら「おいおい、どんな奇跡が起こったらそんなことになるねん!」とぼやくぐらいにとどめておいた方が良いんじゃないかと思います。
するとちょっとした笑いにもなりますし、口に出すことで自分の怒りも少しは収まるというものです。

不思議な話ですがこのように言い換える事によって、責任の所在を“人”にではなく、ひとまず奇跡という名の一種の“偶然”に転嫁することが可能になるのです。

人は直接的に責任を追及されますとどうしても主観的になり、自分の殻に閉じ籠もりがちになります。しかし、ひとまずこの失敗や事故は偶然の産物という事にでもしておいて、何が起こったのだと問われたのなら、ひとまずは客観的に状況を見渡せるものなのです。

これは責任追及よりもまずは状況把握に照準を切り換えているとも言い換える事ができます。

メモ帳

ちょっとしたコツですが知っておいて損はないかなと思います。

状況把握がまず出来れば、次回からの失敗や事故は幾分軽減することが出来ますよね。

それでもミスが減らない場合ですが、その時はそうですね‥

「さすがに多すぎるやろ?奇跡もあんまり重なると神様も過労で倒れるわ!」と天を仰ぎ嘆きましょう。何の解決にもなりませんがひとまずは気が紛れるはずです。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  2. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  3. 瓶のプラスチックキャップを取り外す
    家庭内でのゴミの分別は面倒くさい作業ですが、ちょっとした道具で画期的に楽になったりしますよね。 …
  4. ストレスなく届きます
    電動ドライバーは便利な工具ですよね?特に長めのビスを打つ時や、打ち込む本数が多い時なんかはその有り難…
  5. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  6. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…
  7. ラブリコで柱をたてる
    家の中で縦の空間を有効活用したいというのは皆がよく思うことだと思いますが、例えば天井一杯に棚を取り付…
  8. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  2. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  3. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  4. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  5. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  6. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  7. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  8. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る