駐車場のコンクリート目地を生コンで埋めた話

  • 2016/8/9
手伝い

我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10cm程度の隙間が空いており、そこには小石などの砂利が敷き詰められています。

タイトルの画像の様な感じなのですが実は見た目以上に段差があります。

これが子供を遊ばせたりするときに結構な頻度で躓いたりするのでちょっと危ないのですが、いつか対処しようと思いながらも放置して過ごしておりました。

面倒ですもんね‥

しかしながら危ないだけでなく目地の部分が小石だと掃除したりするときもかなり煩わしいことに最近気付き始めました、枯れ葉なんか石の隙間に入り込んで掃いても中々取れないんですよね。そんなこんなで思い切って重い腰をあげることにしました。

もういっそのことコンクリートで隙間を埋めてしまおうと!

しかしながらどれぐらいコンクリートを用意していいのかもわからないまま、取り急ぎホームセンターに走った私はしばらくの間 呆然とします。

資材売り場に行くと20kg単位でインスタントコンクリートなるものが販売されていましたが、しかしこれ一人で全部やるのは大変だよねと‥

(ちょっと説明しますが、インスタントコンクリートとは始めからセメントと砂と砂利が適当な配分で混ぜられている商品で、水を混ぜて練り上げるとそれだけで生コンになりますよというものです。)

隙間埋めるぐらいのものだし、4袋80kgぐらいで良いのかな?

アバウトな予測で分量を購入した私は暑い最中やたらと重量感のあるコンクリート袋を家に車で運びました。メチャクチャ重い‥

購入するだけで結構疲れたのですが、ここで休んでは挫けてしまうとばかりにさっそく作業に取り掛かります。

タフブネにコンクリートを移す

タフブネにコンクリートを移す

袋を開封し、タフブネにドサッとコンクリートを移します。

練った生コンクリート

練った生コンクリート

そして水を加えてはシャベルで練り上げて生コンクリートを作ります。これがまた腕がパンパンになります。

コテでならす

コテでならす

後は隙間に生コンクリートを流し込んでコテでならす。(※生コンクリートを流し込む前には あらかじめ地面に水を撒いて濡らしておきましょう。急激に水分が無くなるのを防ぐ為です)

そんな単純作業を1~2時間程度は続けたでしょうか‥

恐るべき事ですがそこでこんな分量では全く足りないということに気が付きます。

マジか

グタグタになった私は日を改めて作業し直すことにしました。

別の日、再度コンクリートを4袋を購入し隙間埋めの作業に従事します。

だいぶ進んだぞ、しかしまだ足りない。

コンクリートで隙間を埋める

コンクリートで隙間を埋める

しかしながら、足りないながらも少しずつ埋まっていく様子は達成感のあるものでもあります。多少素人作業なので綺麗さには欠けますが、そこはいずれ別の方法で見映えを考える事とします。

まずはキリの良いところまでは気長に続けるか。

今回気付いたことは、インスタントコンクリートはネットよりもホームセンターで購入する方が安上がりであるということかな。重いし運ぶの大変ですけどね。


リンク

リンク

良かったら下記のリンクの記事も読んでいって下さい。続きの記事になります。

ディスクグラインダーで研磨、というよりも研削という作業になるようですが綺麗になります。

 

そして更に続きの話です。

目地の部分に人工芝を貼りました。

見た目にも美しくなりました。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ソリにキャスターを取付け完成
    先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)…
  2. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…
  3. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  4. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  5. メタルラック、スチールシェルフ、呼び方は色々ありますが金属製のポールとワイヤーラックを組み合わせて自…
  6. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  7. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  8. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  2. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  3. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  6. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  7. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  8. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る