消しゴムはんこの作り方。トレーシングペーパーで簡単に手作り!

消しゴムはんこ「ふたば」完成
消しゴムはんこ「ふたば」完成

今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も100円ショップで手に入るものばかりですので気軽に挑戦してみましょう。子供も大喜びしますよ!

トレーシングペーパーと鉛筆
トレーシングペーパーと鉛筆

まずはトレーシングペーパーと鉛筆、そして消しゴムを用意しましょう。判子作りのために消しゴムを無駄にしたくないという方もいらっしゃるかと思いますが、安心して下さい。

消しゴム詰合せ
消しゴム詰合せ

100円ショップでこんな消しゴムの詰合せも売ってますので、思う存分練習できますよ。しかも失敗しても消しゴムとして再利用すれば良いわけですからとても経済的ですね。

トレーシングペーパーに下書き
トレーシングペーパーに下書き

トレーシングペーパーと鉛筆が用意できましたら、早速図柄を描いてみましょう。

何でも構いませんが、最初は簡単な図柄で練習すると良いでしょう。とりあえず今回は便宜上フタバの柄をモチーフに説明を続けます。

ひっくり返して消しゴムに転写
ひっくり返して消しゴムに転写

図柄を描きましたら、トレーシングペーパーをひっくり返して消しゴムに転写します。

ビックリするぐらいに簡単に転写出来ますので、初めての方はこれだけでも喜びを得ることが出来るかもしれませんね。そういう私も初めての時は凄くテンションが上がりました。

消しゴムに転写した図柄
転写した図柄

上の画像が消しゴムに転写したフタバの図柄ですが、結構綺麗にコピー出来ているのが分かるかと思います。

デザインナイフで彫り進める
デザインナイフで彫り進める

後はカッターやデザインナイフ、彫刻刀なんかで彫り進めます。細かい作業になりますので、デザインナイフが一番使う頻度が高くなるでしょう。そして、直線を描く時は三角の彫刻刀が使い勝手が良いと思います。

彫った後
彫った後

焦らずに順調に彫り進める事が出来たなら、簡単な図柄で5~10分程度で彫り上がるかと思います。

彫る時のポイントですが、図柄に対して垂直に掘ろうとせずに、斜めになるように彫ると良いと思います。横から見た時に台形になるようなイメージと言った方が伝わり易いかもしれません。

消しゴムはんこ「ふたば」完成
消しゴムはんこ「ふたば」完成

これで完成です。

ふたば柄の印影
ふたば柄の印影

簡単ですね。消しゴムはんこにインクを付けて紙に押せば、可愛い印影が浮かび上がります。

ポンポン押すと子供のテンションもアゲアゲですよ!


 

(はんこに関する豆知識を追記)

世間一般ではよく判子に対して「印鑑」という単語が使われていますが、これ実は、正しくは「印章」と呼びます。知ってましたか?

「はんこ屋さん」をよくよく見ると取り扱い品目の名称は「印章」となっているはずです。

そして、「印章(判子)」を押した時に浮かび上がる模様を正式には「印影」と呼びます。

では「印鑑」って何なのか?という事ですが、実は大人になって家のローンを組んだりするときに、役所に対して実印登録をしなくてはならないのですが、その時に登録する「印影」の事を「印鑑」というのですね。

「鑑」とは「かがみ」の事ですが、昔はコピーの事を鑑(かがみ)と読んでいました。

つまりこの印章を押して、出来たこの印影は、間違いなく誰々さんのモノですよという事を証明する為に、役所にコピー(鑑)を登録するわけです。

ですから、役所にも登録していない印章に対してまで印鑑と呼ぶのは全く本来の意味から外れてしまう訳であります。

以上、ハンコに関する雑学(豆知識)でした。

作成者: 仲 高宏

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。 電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。 最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。 住まいは古の都、奈良県奈良市、子供二人の四人家族です。