絵本棚製作の仕上げに亜麻仁油を塗ってみました!

絵本棚製作完成
絵本棚製作完成

ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を磨くことにしました。実は亜麻仁油による仕上げはna工房では初の試みです。

塗装前の絵本棚
塗装前の絵本棚

まず上の画像は塗装前の絵本棚の様子です。(実はここから前面部分をもう少し加工したのですがほぼ塗装直前の画像です。)

いつもはここから水性ステイン塗料で色付けした後、軽くサンドペーパーで研磨、それからウエスを使用して蜜蝋ワックスを木材に刷り込んで仕上げているのですが、液状の油の場合、どの様な違いがあるのか試してみたいと思い、今回ホームセンターで販売されていた亜麻仁油に手を出しました。

亜麻仁油
亜麻仁油
亜麻仁油を刷毛で塗る
亜麻仁油を刷毛で塗る

上の画像は水性ステイン塗料(ナチュラル色)で色付けした後、乾いてから刷毛で亜麻仁油を塗った直後の様子です。

蜜蝋ワックスの場合はしっとりする程度ですが、亜麻仁油の場合、液状の油を直接刷毛で塗る訳ですから、結構ぼとぼとになりました。

その後、余分な油をウエス等の布で拭き取る工程はワックスと同じですが、亜麻仁油の場合、拭き取った後でも乾くまでの時間がかなり掛かること分かりました。午後からの半日ではジメっとしたままでした。

後から調べた情報によりますと本職で亜麻仁油を使われる方は数ヶ月単位で何度も重ね塗りと、研磨を行い色艶を出していくそうです。凄いですね。

na工房は今のところ日曜大工(diy)レベルで気楽にやっていますので、数ヶ月単位で製作することはありません。

どちらかと言えば、当サイトを通じて、数日の作業でもこれぐらいのレベルのものは何とか作れますので皆さん一緒にdiyをやりましょうとお伝えする事を重要視しております。

絵本棚製作完成
絵本棚製作完成

上部の階段状の仕切り板と、下部の間仕切を設置したら、絵本棚の製作はひとまず完成です。

後は数日乾かしておけば使用出来る様になるでしょう。油で湿った状態ですと、絵本を置けないですよね?本に油がまわってしまいます。当然ですよね?

はやる気持ちも分かりますが、作業的には終了ですので、ここは気長に待ちましょう。


(ポイント)

亜麻仁油は蜜蝋ワックスと比べると塗る作業が早く済みますので疲労は少ないです。ただし、乾かす時間が長いのが難点です。

塗装面積が多い場合は亜麻仁油、少ない場合は蜜蝋ワックスという具合に用途を分ければ良いかもしれません。

あと気になる点として、蜜蝋ワックスと亜麻仁油で水の弾き具合がどれぐらい違うのかが現時点では分かりません。後日検証してみたいと思います。


 

(関連記事)

木材塗装、ワックス仕上による撥水効果を簡単に実験!

作成者: 仲 高宏

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。 電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。 最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。 住まいは古の都、奈良県奈良市、子供二人の四人家族です。