羊毛フェルトに取り組もう!今回はフクロウを自作

  • 2015/12/30
フクロウ(羊毛フェルト)完成

普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティングドール)と呼ばれているモノで、簡単に説明すると綿状の繊維を専用の針(ニードル)でチクチクと根気よく刺して、固めて造形していくというモノです。

専用の針(ニードル)

専用の針(ニードル)

画像では分かりにくいですが、針の一部分がギザギザっとなっており、綿を刺すと繊維が複雑に絡まり合い、固くなるという原理の様です。

女性の間では人気が高いらしく、本屋に行くと、羊毛フェルトの手順書や作品集など専用のコーナーが出来ている程です。本屋さんなのに初心者向けキットまで販売されておりました。

羊毛フェルトスターターセット

羊毛フェルトスターターセット

先程の専用ニードルですが、このスターターセットに入っていたモノです。試しに小さな玉を作ろうと綿を刺してみました。

試しに綿を刺してみました

試しに綿を刺してみました

先程のスターターセットにスポンジマットも付属されていますので、その上で根気よく刺します。それほどの大きさではありませんが、固くなるまではかなりの回数と時間を要する事が分かりました。しかし、だんだんと固くなっていく様子はちょっと感動をおぼえます。

さて、何をモチーフに作品を作るかですが、前回は木彫りですずめでした。同じ様に鳥を作った方が木彫りと羊毛フェルトの素材感を比べるのに丁度良いだろうという事で「フクロウ」を題材に進める事に致しました。

ベースの綿

ベースの綿

白の綿を大胆に取り出し、ここからベースを叩き出していきます。

ニードルで固めていく

ニードルで固めていく

10分ほど根気よく刺し続けると上の画像位のベースが出来上がります。

背面部分に茶色を足したかったので、茶色の綿を置きます。特に接着剤等は必要なく、専用のニードルを刺すだけで徐々に一体化していきます。

背面部分に茶色を足す

背面部分に茶色を足す

焦らず少しずつ茶色の綿を足していき、伸ばしていきます。額近くまで行けばOKでしょう。ここまでだとペンギンなのかフクロウなのか見分けが付きませんが気にせずに進みましょう。

オプションとして翼や腹の模様を後付けで作成します。量が重要ですので、綿の分量には注意しましょう。間違うと不細工になりますよ。

翼と腹の模様

翼と腹の模様

翼を取り付けると一気に鳥らしくなりますね。

フクロウ途中経過

フクロウ途中経過

上の画像は途中経過ですが、クチバシが平面的であることと、フクロウの特徴のある足が表現出来ていないので、まだ半端な感じがします。

この後、木工でクチバシと足を追加で作成しました。

クチバシ(木工)

クチバシ(木工)

足(木工)

足(木工)

クチバシと足の微妙な曲線ラインはハイスピードロータリーツールを駆使して作っています。

フクロウ(羊毛フェルト)完成

フクロウ(羊毛フェルト)完成

そして、上の画像がフクロウの完成形なのですが、今回瞳を閉じたバージョンにしました。そしてクチバシの根本は薄目の茶色にし、先程木工で作成したクチバシをボンドでくっ付けました。木工で作成した足に関しても同じです。

あと、毛羽立ちに関してですが、少し粗めの感じにしたかったので、これぐらいで納めていますが、丁寧に細い針で仕上げをしたり、細いハサミなんかでカットしてあげるとさらに綺麗なイメージになります。

では木彫りのすずめと羊毛フェルトのフクロウを並べてみましょうか?

フクロウ(羊毛フェルト)とすずめ(木彫り)

フクロウ(羊毛フェルト)とすずめ(木彫り)

やはりふわふわ感は羊毛フェルトを使うことで格段に上がりますね。ただ木彫りの粗い感じも良いですね。

羊毛フェルトは重心のバランスを取るのが難しいですが、木工で足を付け足すことで安定感が増すという事が分かりました。

なかなか奥の深い世界です。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  2. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  3. クッションシートをめくる
    今回は自転車用チャイルドシート(後ろ側)の取付け方を紹介します。 子供が乗るものだし、自転車屋…
  4. トリマーとボーズ面ビット
    トリマーという電動工具はとても便利な道具です。ひとつあれば日曜大工(DIY)の世界がぐっと広がります…
  5. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…
  6. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  7. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  8. ソリにキャスターを取付け完成
    先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  2. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  3. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  4. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  5. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  6. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  7. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  8. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る