SPFで机を自作しよう!少し無骨な感じですが、可愛く仕上がります。

SPFで机を自作! diy-handmade
SPFで机を自作!

今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる38×89mmのサイズで作っており、少し無骨な感じで仕上げております。

SPFを用いると素人っぽい出来になってしまいがちですが、角を丸く削ったり、金具を上手く用いて、少し手を加えるだけで素人っぽい印象を払拭する事は可能です。日曜大工とはいえせっかくdiyで自作するのですからちょっと良いものを目指しましょう。

パラレルクランプを用いてSPFで天板を作成する

パラレルクランプを用いてSPF材で天板を作成する

まずは上の画像の様にパラレルクランプを用いてSPF材同士を木工用ボンドで圧着し、天板を作成します。その時に手前にくる部分を丸く面取し、磨いてあげると、ゴツっとしているけれども何処となしに可愛いイメージの天板が出来上がります。オイルワックスや蜜蝋ワックスをかけると更に味わい深くなります。

コの字形に圧着して丈夫な足を作る

コの字形に圧着して丈夫な足を作る

続いて足の部分を作成します。こちらもパラレルクランプを用いてコの字を作るようなイメージで圧着するとぐらつきの無い足が出来上がります。足の間の板に少し隙間があいていますがこれは後々中棚を通す為にわざと隙間を作っています。

天板と足を並べる

天板と足を並べる

天板と足が出来たならひとまず並べてみます。

金具を用いて足を天板に固定する

金具を用いて足を天板に固定する

金具を用いて足を天板に固定する2

金具を用いて足を天板に固定する2

ここからは金具を用いて足を天板に固定していきます。全て木材を用いて固定でも良いのですが、ここぞという要所で金具を使うと良いアクセントになりますし、スッキリしたイメージになりますので、ポイントでは金具に頼るのも悪くありません。

この時に電動ドライバーがあると作業がスムーズに進みます。手だけでビス止めするのは少し疲れます。

中棚をはめ込む

中棚をはめ込む

天板と足を固定したら続いては、中棚をはめ込んでいきます。天板から中棚の板までは65mmほどあります。完成後ノートやら文房具を容れることが出来て便利な点と、頑丈さが増すという利点があります。

SPFで机を自作!

SPF材で机を自作!完成です

後は上の画像の様にひっくり返せば机の形に仕上がります。

それと少し細かいですが、中棚の板の前面も丸く面取し、磨くと上の天板と統一感が出ますので面倒くさがらずに磨くと良い感じになります。

後はどのような色に着色するかですが、そこに関しては人それぞれの好みで進めると良いでしょう。

今回はspf材を用いましたが、集成材を用いると全く別なイメージに仕上がりますので、色々試されると面白いと思います。

タイトルとURLをコピーしました