調味料棚を作ろう!

  • 2015/10/2
調味料棚

調味料棚と呼ぶかスパイスラックと呼ぶかは人それぞれですが、どちらにしても市販品でピッタリくるものってなかなか無いんですよね。もうちょっと長かったらだとかもうちょっと高さがあればとかキッチン回りは特に気になりますよね。

na工房はないものは作ってしまおうという発想ですので、今回も日曜大工でdiyです。

調味料棚

調味料棚

何せ砂糖、塩、醤油、キッチンスケールからお茶っ葉、小皿に至るまで、限られたスペースで可能な限り収納できるスペースを作ることを命題に動きました。

出た結論が奥行き150mmで横幅600mmならかなりの収納力が実現できるという事でした。加えて棚のピッチを150mm、220mmでとる。足の長さを150mm程度取れば下にもたくさん収納できるという事でした。

このサイズ感というのが収納の8割を決めるといっても過言ではないと思います。特にキッチンは細々したものが多く、でも作業スペースも必要なので最小限の構造で最大限の収納を考える必要があります。

実際作ってみて、モノを置いた時点ですぐに効果が出ました。棚の奥行きが150mmと狭いので作業スペースが充分に取れる。且つ棚数が3段あるので手の届く範囲に今まで置けなかったモノがたくさん置ける。全て出番の多いアイテムばかりなので作業効率も上がる。

設計段階では大きすぎるかなと思ったりもしましたが、今ではすっかりキッチンに馴染んでいます。自作万歳です。

ちなみに今回の材料は

  • 柱に12mmの板(パイン)
  • 棚に9mmの板(パイン)
  • ステイン系の塗料(チーク)

以上です。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  2. ソリにキャスターを取付け完成
    先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)…
  3. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  4. メタルラック、スチールシェルフ、呼び方は色々ありますが金属製のポールとワイヤーラックを組み合わせて自…
  5. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  6. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  7. 外れ止めをドライバーで緩める
    世の中に出回っている網戸掃除の情報は、基本的に網戸サッシをレールから取り外さない事を前提に取り上げら…
  8. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  2. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  3. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  4. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  5. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  6. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  7. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  8. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る