木の棚とカゴはとても相性が良い!

  • 2015/10/15
洗面所の棚

洗面所に棚が欲しい。

できれば棚数が多くて、バスタオルから赤ちゃん用のオムツ、ガーゼ、家族みんなの下着の着替えまで一式ストックできるもの。下のスキマには体重計が仕舞えるようにしてね。

もちろん目隠しは必要だよ。

そんな要望に応えるべく日曜大工に励むna工房ですが、目隠しするために、全てに引出しを付けたり、戸棚にするのは手間もかかりますし、面倒ですよね?

そこでお勧めなのが、棚と籠の組み合わせです。かごにタオルからオムツまでありとあらゆるものを突っ込んで、棚に置いておけば、目隠しにもなるし、取り出しやすいし、何せ圧迫感がない。しかも、カゴを置いていないスペースは広々としていて何かと役に立ちます。

木製の棚にカゴの組み合わせは見た目にも相性が良く、材料費が格段に安くつく、エコでナチュラルな組み合わせです。

洗面所の棚

洗面所の棚

かごはパートナーが通販で購入したものですが、棚は毎度のことながらハンドメイドの自作です。少し明るい雰囲気にするために側面の色はホワイトにしました。

側面を一枚板ではなく、木枠状にしているのは、重量を減らす意味合いと、材料費を浮かす意味合い、そして、少しでも明かりを取り込み暗くならないようにする意味合いが込められています。

子供も二人目となると、お風呂場は戦場のようになります。確かに浴室となりの洗面所に着替えやタオルなど全てのストックがあれば労力はかなり軽減されますよね。

しかも、洗濯機もありますから洗剤、柔軟剤のストックまであの狭いスペースに収納するとなると、かなり知恵をしぼる必要があります。

そのようなわけで棚にかごの組合せはこの課題に柔軟に対応できる数少ない解決策かもしれませんね。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ベビーゲート
    今回はベビーゲートの紹介です。子供が1歳を迎える頃には用意しておいて損はない便利な商品です。メーカー…
  2. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  3. キッチンツールフック
    今回はキッチンツール用のフックを自作した話です。 キッチンツールフックはホームセンターや雑貨屋…
  4. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  5. SPFで机を自作!
    今回はホームセンターでも比較的安価な価格で手に入るSPF材という木材を用いて机を自作した話です。2×…
  6. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  7. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  8. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  5. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  6. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  7. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る