市販品のランプを壁掛けにしよう!

壁掛けランプ
壁掛けランプ

最近は安くて見映えのする商品がだいぶ増えましたね。市販品のランプなんかもそうですが、雑貨屋さんに行くと2~3000円程度でアンティーク調のちょっとした小物が手に入ります。

ランプ
ランプ

上の画像のランプも雑貨屋さんで見つけたものです。na工房の食卓に明るさがほしいということで購入しました。実はna工房の食卓テーブルは750mm角の広さで、ランプを置くと食器が並べることができないという事態が発生しました。どうにかできないかと思案していると、

鍵穴
台座の裏側に鍵穴

ランプの台座の裏側に鍵穴が有ることに気付きました。なるほど壁掛けにすればテーブルの上は広く使えますよね。早速鍵穴に引っかけるためのビスとワイヤーと洋灯を用意しました。

ワイヤーを引っかける
ワイヤーを引っかける洋灯

はてなマークのような形をしている金具が洋灯と呼ばれるものです。ホームセンターで2~3本セットとかで売られています。根本がネジになっていますので、今回飾り棚の底面に取り付けました。

ワイヤーと金具
ワイヤーと金具

上の画像はワイヤーと引っかけ金具です。美術品や額縁を引っ掛ける為の市販品でかなり丈夫な作りになっています。本来はもっと長いのですが今回それほどの長さは必要ではなかったのでニッパーで切りました。これもホームセンターで手に入ります。

ビス打ち
ビス打ち

壁にビス打ちして、このビスにランプの台座裏の鍵穴を引っ掛けます。そして先ほどの洋灯とワイヤーを使いランプを壁掛けると次のような感じになります。

ワイヤーで壁掛け
ワイヤーで壁掛け

後は好みの電球を選べば、いろんな光を楽しみます。今回食卓ということもあり、普通の白熱灯だと熱くなりすぎてしまい、サラダなんかが温まってしまったりするので、LEDの白色を選びました。点灯させるといい感じに食べ物が美味しそうに見えます。

LED電球
LED電球

ちなみにサイズはE-17です。消費電力も低いですし、熱くならないので快適です。

壁掛けランプ
壁掛けランプ

明かりを灯すと雰囲気がでます。ちょっとしたことですが、やれば確実に変わりますので、照明も視野に入れてdiyすると広がりをみせますね。

 

作成者: 仲 高宏

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。 電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。 最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。 住まいは古の都、奈良県奈良市、子供二人の四人家族です。