ウェルカムドールを糸ノコで自作しよう!

ウェルカムドール
ウェルカムドール

この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することになりました。

最近の結婚式では受付に可愛らしくウェルカムドールを飾り、おもてなしをするそうですよ。ご存知でしたか?

一般的にはぬいぐるみに婚礼衣装を着せたモノが多いそうですが、na工房では手芸の技術が無いために、糸ノコによる木工作品でdiyすることにしました。

ウェルカムドール原図
ウェルカムドール原図

まずは元となるデザインを紙にフリーハンドで描きます。あまり細かいデザインにすると糸ノコで切り抜く段階では自滅してしまいかねませんので、デフォルメ化して描きます。

使用した糸ノコはデウォルトのDW788です。少し部屋に置くのには大きいですが、圧倒的な静かさと切断能力を誇るna工房の主力工作機です。

電動糸ノコ
電動糸ノコDW788
新郎を糸ノコで切り抜く
新郎を糸ノコで切り抜く
糸ノコで花嫁を切り抜く
糸ノコで花嫁を切り抜く

木の板に元図を転写したらどんどん糸ノコで切り抜いていきます。上の画像を見ていただくとジグソーパズルのようにパーツで分かれていますが、これは後ほどペンキや絵の具で色付けする際に隣のパーツに色移りしないようにするためです。

木はその部材の特性上、水性の塗料を使用するとじわ~と滲んでいきます。くっきりとした仕上がりにしたいのであれば、面倒ではありますが、色ごとにパーツ分けするのが一番です。いや、na工房が知らないだけで方法はあるのかもしれませんが、今回はこの制作方法を選びました。

ハタガネで固定
ハタガネで固定
クイックリリースバークランプで固定
クイックリリースバークランプで固定

そして、色付けしたあとに目や眉、口を描き加えればだいぶ雰囲気が出てきます。この肌の色を作るのにも結構苦労したのですが、その過程については次の関連記事をご参照下さい。

絵の具で肌色を作りたい。配合で何とかしよう!

あとは衣装部分にも色付けして、木工用ボンドで圧着すれば、完成です。髪飾りや花嫁衣装は少し華やかにするために、スワロフスキーを散りばめておきました。ピンセットが大活躍しました。

ウェルカムドール完成
ウェルカムドール完成

ちなみに赤色の花嫁衣装に天の川のごとく白いドットが見えるかと思いますが、これは爪楊枝でひとつひとつ丹念にスポットしたものです。

金屏風はネットで見つけた市販品を使用していますが、台座は黒のスプレーを塗装して自作しています。

根を詰める作業でしたが、完成して良かったです。

後は妹夫婦の幸せを御祈りするだけです。

作成者: 仲 高宏

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。 電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。 最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。 住まいは古の都、奈良県奈良市、子供二人の四人家族です。