糸ノコ作品その2!クジラもいいですよね!

  • 2015/9/5
クジラ糸ノコ作品

前回に引き続き今回も糸ノコ作品を紹介です。クジラさんも形が可愛くてna工房のお気に入りです。

クジラ糸ノコ作品

クジラ糸ノコ作品

上の画像が糸ノコでくり抜いたクジラさんです。ペンキは濃紺とホワイトを塗っています。順番的には腹の部分の白を塗って乾いてから背中側の濃紺部分を塗っています。乾いてから次の色を塗るというのが一番のポイントかもしれませんね。

今回のクジラさんは前回のゾウさんよりもさらに形がシンプルな気がしまして、これも糸ノコの練習作品として良いのではないかと密かに思っています。皆さんも一緒に練習してみませんか?

余計なお世話かもしれませんが、これで練習してみなよと言われると試しにやってみようかという気持ちになるのが人間の不思議なところですよね。こういうwebサイトの良いところは顔を直接会わせないので、本来面と向かって言えない事が素直に言えるところだと思います。受け取る側も面と向かって言われると腹が立つことでも自分で見つけ出したwebサイトに関しては寛容になれたりするんですよね。私もそうですからそういったあまのじゃくな人も一緒に楽しみましょう。

このサイトは知識を公開するのを目的としていません。あくまでも日曜大工やdiy、ハンドメイドが楽しめるようになるまでの橋渡しを目的としています。

おそらくその楽しさに目覚めた方はこのサイトには目もくれずに手作りの楽しさに没頭することでしょう。一旦このサイトの事は忘れていただいても構いません。

でもハンドメイドの楽しさが分からなくなってしまった時にもう一度訪れてくれればという思いでna工房は記事を投稿しています。

na工房は日曜大工(diy)並びにハンドメイドを応援します。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  2. ラブリコで柱をたてる
    家の中で縦の空間を有効活用したいというのは皆がよく思うことだと思いますが、例えば天井一杯に棚を取り付…
  3. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  4. トラックの荷台で荷物をロープで強く縛りたい時、またアウトドアで木に張力(テンション)をつけてロープを…
  5. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  6. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  7. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  8. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  2. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  3. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  4. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  5. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  6. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  7. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  8. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る