玄関脇に棚を設けよう!収納力大幅アップ

  • 2015/9/29

今回は玄関の収納スペースを飛躍的にアップさせた棚の紹介です。

元々のna工房の玄関先は比較的狭く、備え付けのキャビネットではどうしても収納能力が足りず不便を強いられていました。必要なモノを置くと途端にキャパオーバー。本当はもっと華やかになるように小物も飾りたいのにと思いつつ、ちょっとキャビネットの脇に棚があれば便利なのにと過ごしていました。

何か良い方法はないかと考えていた時、既に答えが見付かっていることに気付きました。そうだ、棚を自作しよう!ついでに飾り棚もつければ良いじゃないか。

玄関脇の棚

玄関脇の棚

そしてハンドメイドでせっせと作ったのが上の画像の棚です。扉側は動線的に少しでも広く使えるように斜めに切ったのと、最上段に飾り棚を設けたのが特徴の脇棚です。

自分の好きなサイズで作れてしまうのが日曜大工(diy)の醍醐味ですよね。

扉も作ろうかと思いましたが面倒だったので籠を置いて誤魔化しています。

今回の材料と作り方の説明

  • 板は全て集成材(ラジアータパイン)厚みは20mm
  • 任意の形に切断後、トリマーで面取(ボーズ面2分)
  • ステイン系の塗料(ナチュラル色)
  • サイドの板に大入れ加工を施し、棚をはめ込んで大入れ継ぎをしています。
  • 釘は使っていません。
  • その代わり木工用ボンドを接着剤にクランプで圧着しています。

形もかわいくてお気に入りへの棚です。

関連記事

大入れ加工で木棚作り!トリマーで溝堀する方法を紹介。丈夫でスタイリッシュな棚を作ろう!

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 瓶のプラスチックキャップを取り外す
    家庭内でのゴミの分別は面倒くさい作業ですが、ちょっとした道具で画期的に楽になったりしますよね。 …
  2. 机と椅子(人形用)
    娘の5歳の誕生日にあわせてドールハウスを作った。 妻がリカちゃん人形をバースデープレゼントに購…
  3. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  4. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  5. ストレスなく届きます
    電動ドライバーは便利な工具ですよね?特に長めのビスを打つ時や、打ち込む本数が多い時なんかはその有り難…
  6. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  7. ブロアー
    木材加工の際の切り屑対策ですが、皆さまどのようにされていますか? na工房は木工を始めた当初、ホウ…
  8. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  5. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  6. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  7. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る