塗るだけで黒板になるチョークボードペイント!子供が喜びますよ!

  • 2015/9/8
黒板付きの扉

今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見!

チョークボードペイント

チョークボードペイント

上の画像がチョークボードペイントですが、普通にホームセンターに売ってます。メーカーはターナー色彩株式会社という会社のようです。この商品は木材なんかにさっと塗るとあっという間に黒板になってしまうという商品です。こういうのって小さい子供がいるとついつい手が出てしまいますよね。

実際に塗るとどのような感じの作品に仕上がるか興味ありませんか?

na工房ではこんなところで使われています。

黒板付きの扉

黒板付きの扉

子供用のカウンター(いつも娘がこの中に入って遊んでいます)の下の扉にチョークボードペイントであしらった黒板を張り付けています。9mm程度の厚みの集成材の角を糸ノコで丸くして、サンドペーパーで綺麗に磨いてから、丁寧にペイントしています。

白く塗った木のバックに、深緑の黒板が良いアクセントになっていて個人的にとても気に入っています。はじめは単に茶色の木枠に白地の板だった扉が可愛く生まれ変わりました。

先ほどはあっという間にといいましたが、一度目が乾燥してから重ね塗りするとより綺麗に仕上がるので実際は待ち時間の分だけちょっとだけ時間がかかります。すみません。

でも実作業時間は10分程度かも。だからあっという間というのもあながち間違いではないかなっと思っています。

このチョークボードペイントを使用すると市販品の黒板には出せないオリジナリティ溢れた作品に仕上がること受け合いですので是非とも挑戦していただきたい商品です。


リンク


 

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  2. 排水のトラップ
    日立製だけに限らないと思いますが、最近の洗濯機は排水がつまるとエラーで止まる様な仕掛けになっています…
  3. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  4. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  5. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  6. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  7. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  8. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  2. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  3. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  4. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  5. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  6. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  7. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

back number 100

ページ上部へ戻る