塗るだけで黒板になるチョークボードペイント!子供が喜びますよ!

  • 2015/9/8
黒板付きの扉

今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見!

チョークボードペイント

チョークボードペイント

上の画像がチョークボードペイントですが、普通にホームセンターに売ってます。メーカーはターナー色彩株式会社という会社のようです。この商品は木材なんかにさっと塗るとあっという間に黒板になってしまうという商品です。こういうのって小さい子供がいるとついつい手が出てしまいますよね。

実際に塗るとどのような感じの作品に仕上がるか興味ありませんか?

na工房ではこんなところで使われています。

黒板付きの扉

黒板付きの扉

子供用のカウンター(いつも娘がこの中に入って遊んでいます)の下の扉にチョークボードペイントであしらった黒板を張り付けています。9mm程度の厚みの集成材の角を糸ノコで丸くして、サンドペーパーで綺麗に磨いてから、丁寧にペイントしています。

白く塗った木のバックに、深緑の黒板が良いアクセントになっていて個人的にとても気に入っています。はじめは単に茶色の木枠に白地の板だった扉が可愛く生まれ変わりました。

先ほどはあっという間にといいましたが、一度目が乾燥してから重ね塗りするとより綺麗に仕上がるので実際は待ち時間の分だけちょっとだけ時間がかかります。すみません。

でも実作業時間は10分程度かも。だからあっという間というのもあながち間違いではないかなっと思っています。

このチョークボードペイントを使用すると市販品の黒板には出せないオリジナリティ溢れた作品に仕上がること受け合いですので是非とも挑戦していただきたい商品です。


リンク


 

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  2. サイクロン式集塵機
    木材を加工すれば必ず大量発生する切り屑たち。日曜大工(DIY)に勤しむ方にとっては悩みの種ではないで…
  3. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  4. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  5. ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃
    “コンクリートのザラザラした部分やガタガタした箇所を自分で綺麗にすることは可能か?” 電動工具を使っ…
  6. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  7. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  8. 日曜大工(diy)で木材を加工切断したい。ジグソーや丸のこがあることを知ったがいまいちどちらを買えば…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  2. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  3. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  4. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  5. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  6. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  7. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  8. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る