ゾウさんってかわいいですよね?糸ノコで作品作り!

  • 2015/9/3
ゾウさんの玩具(木製)

今回は電動糸ノコの紹介です。na工房ではデウォルト製のDW788というモデルを使用しています。珍しく海外製のモデルですが、購入当時の日本は円高で海外製品が安く仕入れられたのと、日本製の糸ノコにはない騒音の少ないモデルとの触れ込みがあり購入に至りました。

電動糸ノコ

電動糸ノコDW788

電動糸ノコっていいですよね?学校の工作の時間に触って以来いつか大人になったら購入しようと考えてました。

電動糸ノコを使用すると日曜大工というよりはハンドメイド作家の仲間入りしたような気分になれます。

ゾウさんの玩具(木製)

ゾウさんの玩具(木製)

上の画像は子供用に作った木の玩具です。小さなゾウさんを型どりしました。耳の部分は薄いベニヤ板を接着剤で張り付けて色塗りしました。ペンキはグレー一色ですが、形の可愛さもあいまって明るいイメージに仕上がりました。

それほど複雑な形ではないので糸ノコの練習にもってこいでした。皆さんも試しにどうですか?

ホームセンターに行けば資材コーナーで端材が売られています。時にびっくりするような価格で良品が手に入ることもありますのでちょくちょく寄るのがお勧めです。

捕捉説明ですが電動糸ノコはテーブルの位置が低いと作業しづらいので下に台を作るのがお勧めです。

糸ノコ台

糸ノコ台

周りが汚なくて恥ずかしいですが下に台があると糸ノコの替刃を仕舞えたりする事ができるので効率が良くなります。
電動糸ノコ自体が重量がありますのでかなりしっかりした構造にしないといけませんが、しっかりしている分、安定感はでます。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  2. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  3. ストレスなく届きます
    電動ドライバーは便利な工具ですよね?特に長めのビスを打つ時や、打ち込む本数が多い時なんかはその有り難…
  4. トラックの荷台で荷物をロープで強く縛りたい時、またアウトドアで木に張力(テンション)をつけてロープを…
  5. 日曜大工(diy)で木材を加工切断したい。ジグソーや丸のこがあることを知ったがいまいちどちらを買えば…
  6. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  7. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  8. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  2. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  3. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  4. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  5. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  6. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  7. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る