ゾウさんってかわいいですよね?糸ノコで作品作り!

  • 2015/9/3
ゾウさんの玩具(木製)

今回は電動糸ノコの紹介です。na工房ではデウォルト製のDW788というモデルを使用しています。珍しく海外製のモデルですが、購入当時の日本は円高で海外製品が安く仕入れられたのと、日本製の糸ノコにはない騒音の少ないモデルとの触れ込みがあり購入に至りました。

電動糸ノコ

電動糸ノコDW788

電動糸ノコっていいですよね?学校の工作の時間に触って以来いつか大人になったら購入しようと考えてました。

電動糸ノコを使用すると日曜大工というよりはハンドメイド作家の仲間入りしたような気分になれます。

ゾウさんの玩具(木製)

ゾウさんの玩具(木製)

上の画像は子供用に作った木の玩具です。小さなゾウさんを型どりしました。耳の部分は薄いベニヤ板を接着剤で張り付けて色塗りしました。ペンキはグレー一色ですが、形の可愛さもあいまって明るいイメージに仕上がりました。

それほど複雑な形ではないので糸ノコの練習にもってこいでした。皆さんも試しにどうですか?

ホームセンターに行けば資材コーナーで端材が売られています。時にびっくりするような価格で良品が手に入ることもありますのでちょくちょく寄るのがお勧めです。

捕捉説明ですが電動糸ノコはテーブルの位置が低いと作業しづらいので下に台を作るのがお勧めです。

糸ノコ台

糸ノコ台

周りが汚なくて恥ずかしいですが下に台があると糸ノコの替刃を仕舞えたりする事ができるので効率が良くなります。
電動糸ノコ自体が重量がありますのでかなりしっかりした構造にしないといけませんが、しっかりしている分、安定感はでます。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ソリにキャスターを取付け完成
    先日ホームセンターでプラスチック製のソリを購入したのですが、今回はそのソリに小さなキャスター(コロ)…
  2. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  3. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  4. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  5. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  6. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  7. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  8. 排水のトラップ
    日立製だけに限らないと思いますが、最近の洗濯機は排水がつまるとエラーで止まる様な仕掛けになっています…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  3. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  4. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  5. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  6. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  7. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る