ちょっと便利な参考サイズリストを公開!日曜大工(diy)木工

  • 2015/9/1

日曜大工(diy)の醍醐味は自分の好きな寸法で様々な作品を産み出せる事だと思いますが、図面を引く段階で結局どんなサイズで作れば良いのか判断がつかなくなって無駄に時間だけが過ぎていったなんて事がありませんか?

この記事ではそんな悩みに応えるべく、適度なサイズ寸法とはどれぐらいかを勝手に提案しリスト化します。実際に製作して良い感じになったのでそれなりに参考にはなるでしょう。

机

机(デスク)の高さ:720mm

机の奥行:450mm

イス(市販品)の高さ:420mm~450mm

この時は市販品のイスの高さに合わせて机(デスク)を作成しました。

調味料棚

調味料棚

調味料の棚の奥行:150mm

調味料棚の板厚:9mm

細々した調味料が大量に収納できて且つ邪魔にならないサイズがこれぐらいでした。

和室の棚

和室の棚

標準的な棚の奥行:380mm~400mm

標準的な棚の板厚:18mmもしくは20mm

棚の支柱の板厚:25mm

棚の脚の高さ:70mm(標準)

棚の脚の高さ:90mm(体重計等を下に忍ばせたい場合)

キッチンカウンター

キッチンカウンター(兼キャビネット)

飾り棚の奥行:150mm~180mm

キャビネットの奥行:450mm

飾り棚からキャビネット天板までのピッチ:400mm

キッチンツールフック

キッチンツールフック

キッチンツールフックのピッチ:75mm

フックに使った部材:真鍮の釘

※水平より少し角度を上げて打ち込んでいます。

どうですか?少しは参考になりましたか?このページはちょっとずつ更新していきますのでたまにお立ち寄り下さい。忘れていたらご免なさい。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  2. ラブリコで柱をたてる
    家の中で縦の空間を有効活用したいというのは皆がよく思うことだと思いますが、例えば天井一杯に棚を取り付…
  3. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  4. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  5. キッチンツールフック
    今回はキッチンツール用のフックを自作した話です。 キッチンツールフックはホームセンターや雑貨屋…
  6. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  7. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  8. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  4. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  5. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  6. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  7. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  8. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る