丸のこ定規を自作しよう!450mmと900mmの2種類で作業効率がぐっと上がる。

  • 2015/8/5
丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)

今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。

まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具に丸鋸(丸のこ)という電動工具がありますが、実はこの丸ノコ、回転する刃の切断ラインが自身のプレートに隠れてしまう構造の為、フリーハンドで思い通りの箇所で真っ直ぐに切るのは難しいという難点があります。

そこで正確に木材を切断しようとするなら専用の丸のこ定規が必要になってきます。

どこに売っているのかと言われれば、ホームセンターでも専用の定規が販売されたりするのですが、この定規が販売価格が高くてちょっと手が出しにくい。

しかし実はこれに関しては手作りで十分便利なモノが出来るのです。

そこで今回は安上がりで便利な手作り「丸のこ定規」の作り方と、その使い方を紹介したいと思います。

まずはどんな感じのモノか、画像で見ていただきましょう。

丸のこ定規

丸のこ定規

本当に手作りの簡単なモノなのですがこれで完成品です。雰囲気だけでも掴んでいただけましたか?

実はこれ、薄いベニヤ板に真っ直ぐな板を張り合わせただけのモノなのです。

丸ノコと丸ノコ定規(横から見た図)

丸ノコ定規(横から見た図)

手前から見ると、このような構造になっています。本当に貼り合わせただけの構造であることが分かるかと思います。

丸ノコ定規(斜め手前から見た図)

丸ノコ定規(斜め手前から見た図)

そして斜め手前から見ると、丸ノコの刃と丸ノコ定規の関係性が見えてくると思います。ベニヤ板の右端が丸ノコの刃が通るラインと一致しています。つまりベニヤ板の右端のラインを切断したいラインと合わせると思い通りの位置で真っ直ぐ切れるという訳です。


続きまして、作るときのポイントですが、いたって簡単です。薄いベニヤ板の上に板を張り合わせた後、上の板に沿って丸のこのベースプレートを這わせ、ベニヤ板に切断作業を一回かけるだけです。

そうなんです、ベースプレートの端から丸ノコの刃までの距離を一々測って板を貼り合わせている訳ではなく、大雑把に貼り合わせてから丸ノコでカットしているだけなのです。一回切断すれば、ベニヤ板の余分な部分がカットされ、自動的に切断ラインが生まれるという訳です。

そして以後、直線で切りたい箇所があるときに鉛筆か何かでチェックし、ベニヤ板にできた切断ラインと合わせれば、丸のこをかけた時にぴったりと思い通りの位置で切断できるようになるというわけです。簡単でしょ?


 

丸のこ定規

丸のこ定規

ちなみに鉛筆で89mmと書かれていますが、これは丸のこの構造上、上部に貼り合せた板の右側89mmに沿って切断ラインができる為です。(マキタの5230の場合)

結構大きく右に切断ラインができるなと不思議に思われるかもしれませんが、これはキックバックが起きた際に人に危害が加わらない用に設計されているためです。(右手で丸のこを持った際に回転刃が身体より外側にくる設計)

これで不意に弾かれてキックバックが起こっても、自分の身体側に刃物が来る可能性が低くなります。


続きまして使用方法ですが、

鉛筆で印を付ける

鉛筆で印を付ける

切断したい板に対して、鉛筆で印を付けます。

鉛筆のラインと丸ノコ定規を合わせる

鉛筆のラインと丸ノコ定規を合わせる

そして自作した丸ノコ定規を鉛筆のラインと合わせます。

丸ノコをかける

丸ノコをかける

後は丸ノコで切断するのみです。丸ノコの刃は切断する板の厚みよりも少しだけ多目に出しましょう。

簡単ですね。

丸のこと丸のこ定規

丸のこと丸のこ定規

こんな感じで作業台があると更に作業がしやすくなります。


因みにどれぐらいの長さのモノを用意していいのか不安にされる方もいらっしゃるかと思われますが、経験上450mmと900mmの2種類用意すると良いでしょう。この2種類というのがミソで、メインを450mm、長尺用に900mmという感じで使用すればぐっと作業効率が上がります。

丸のこと定規

丸のこと丸のこ定規

後の細かい仕様はそれぞれ自分で見つけるのが良いでしょう。何せ安いベニヤ板で良いのでとにかく作ってみる。躓(つまず)けば修正という手順でやってみるのが一番の早道です。案ずるより産むが易しです。


リンク

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  2. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  3. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  4. ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃
    “コンクリートのザラザラした部分やガタガタした箇所を自分で綺麗にすることは可能か?” 電動工具を使っ…
  5. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  6. 作業台と補助台
    日曜大工の基本といえば木材の加工作業となるのですが、まずは作業台がなければ始まりません。na工房では…
  7. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…
  8. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  2. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  3. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  6. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  7. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  8. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…

リンク

リンク

back number 50

ページ上部へ戻る