カテゴリー:エッセイ

  • 3歳半の娘が作った積み木のロボット

    3歳半の娘が作った積み木のロボット

    うちの娘が初めて“人の顔っぽいもの”を描いたのはいつだっただろう‥ ふと思いたって、記憶の糸を手繰り寄せると一枚の落書きの様な絵にたどり着いた。 そういや“何か面白いな”と思ってSNSにアップしたんだっけなと…
  • ネズミのチューキチ

    追憶のネズミ

    あれはまだ私が小学校低学年の頃だったと思いますが、一度だけ家にネズミが住み着いたことがありました。 あの時は確か夜寝ているとコトコトコトコト‥と変な音がなったり、階段のところにコロコロっとしたフンが落ちていたりして…
  • 絵本棚製作完成

    木への渇望感がそこにあった

    “頭よりも自分の手を信じた方が良いこともある” 我が家には木で出来たモノが多い。 こんなブログを書くぐらいですから家にある電動工具の数も一般の家庭よりは多いと思います。 そして「あーでもない、こーでもな…
  • 10月に植えたチューリップの球根

    10月に植えたチューリップの球根たち

    スマホで撮った画像を見返してみると、一枚の写真に目が止まりました。 花壇にチューリップの球根を植えたときのモノでした。日付は10月の15日となっている。もうあれから2ヶ月経ったんだなと感じると同時に未だ芽が出てこな…

    クリスマス前のオモチャ屋は子供が少ないね

    先日、近所にある大型のオモチャ屋へ出向きましたがいつもと雰囲気が違うことに気付きました。はじめはクリスマスシーズンということで“赤と緑の色使い”が店内でひしめき合っているからかなと思いましたが、自分が感じる違和感はどうや…

    3歳までの記憶

    自身がどんな赤ちゃんであったのか? 曖昧な記憶も無ければ断片的な記憶もない。痕跡としてはアルバムの写真なんかは残っているのですが、“それってその赤ちゃんの全てじゃないよね”という想いが仄かに心をかすめます。 …

    自由という名の息苦しさについて

    愛する子供たちへ 自分の言葉で物事を語ったりだとか伝えたりすることというのは非常に難しいし、怖いことであったりします。だって頭の中での伝えたいイメージって中々上手く言葉に出来ないでしょ。むしろ自分の口から出た言葉が…

    人をあまり責めない言い方

    ちょっとした事だと思うんですが‥ 例えば、誰かが仕事か何かで失敗をしたとしていきなり「おい、何でそんなミスをしたんだ!」と責めると相手はどうしても畏縮してしまいますよね。 そんな時はなるべくなら「おいおい、ど…

    視線を外に向けるということは大切ですよ

    愛する子供たちへ 将来もしも自分のことを相手に伝えたいと強く思う時が来たなら自己主張するよりもむしろ外に意識を向けると良いですよ。分かりにくければ、まず自分の視線を外に向ける処から始めるといい。 そして外の世界が…
  • 風呂場のバスタブにヤモリ

    ヤモリが風呂場にやって来た

    日曜の昼下がり ヒャーという妻の軽い悲鳴めいた声に驚き騒がしい方向に近づくと、どうやら風呂場に小さな侵入者が居座っているらしく妻と娘が浮き足だっていた。 3歳になる娘が「トカゲさんかな~?」と興味深そうに呟いている…

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  2. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  3. クッションシートをめくる
    今回は自転車用チャイルドシート(後ろ側)の取付け方を紹介します。 子供が乗るものだし、自転車屋…
  4. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  5. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…

スポンサーリンク

おすすめ記事(アートワーク系)

  1. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  2. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  3. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  4. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  5. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る