シルバニアファミリー用のラジオフライヤーを作った話

  • 2018/9/17
ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。

ラジオフライヤーというのはアレだ。
キャンプなんかで活躍する大きなタイヤのついたカートだ。

まさしくコレだ。大量の荷物を運んだり、子供が乗ってキャーキャー騒ぐやつだ。おそらくきっと楽しいヤツだ。

ただアレは基本的に自力で作るものではない。購入して手に入れるものだ。大掛かり過ぎるので流石に断ろうと思ったら、「パパ、できないの?」と軽く挑発された。

父のプライドをそんな形でくすぐってくるほど成長したのかウチの娘は!
なんて思っていたらどうやら私の勘違いだったらしい。

よくよく話を聞いてみると、本物が欲しいわけではないらしい。

シルバニアファミリー用の小さなミニチュアサイズのラジオフライヤーが欲しいとのことだった。

危なかった。

もう少しで大掛かりなDIYに着手してしまうところだった。

◇◇◇

そうと分かればチョチョイと始めてみようではないか。まずは牛乳パックを切って適度な大きさに加工する。枡の形にしてみた。

そして布を貼り付ける。

外側は赤い布で、内装はレモン柄にしてみた。

ほら可愛い!

そしてハンドルをつけてみた。

 

だいぶと形になってきたね。
あとはタイヤをつければ完成だ。

ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】

タイヤは石粉粘土で作った。

タイヤ軸はΦ4mmの丸棒を使った。

我ながら可愛くできたと思う。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…
  2. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  3. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  4. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  5. サイクロン式集塵機
    木材を加工すれば必ず大量発生する切り屑たち。日曜大工(DIY)に勤しむ方にとっては悩みの種ではないで…
  6. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  7. ハタガネで密着保持
    今回は接着剤と相性の良い道具を紹介します。 その道具の名前は“ハタガネ”といい、構造的には金属…
  8. 排水のトラップ
    日立製だけに限らないと思いますが、最近の洗濯機は排水がつまるとエラーで止まる様な仕掛けになっています…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  2. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  3. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  4. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  5. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  6. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  7. ラジオフライヤー【シルバニアファミリー用】
    5歳の娘からラジオフライヤーを作って欲しいと言われた。 ラジオフライヤーというのはアレだ。 …
  8. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る