価値観や優先順位なんてコロッと変わるものですし、必要以上に悩むものでもないよね

  • 2017/6/26

今の私の仕事は何なのか?優先順位は何か?

よく考えることがあります。悩むというニュアンスではなく文字通り“考える”のです。

大学を卒業してから会社員として過ごす日々、平凡とはいえ人の人生ですからやはりいろいろなイベントがあって、振り返るとターニングポイントもポツポツあって、その都度ものの考え方に影響を与えられてきましたが、その中でもとりわけ大きなポイントは私の場合 結婚だったと思います。

別にこれは結婚という形式が人生や仕事に変化をもたらすのだとかそう言う話ではなく、結婚という機会を通じて思い知ったというのが正確な表現かもしれません。何か行動を起こすときには物事の価値観や優先順位は劇的に変動するものだという事を。


結婚するまでは極端な話、仕事と趣味さえ両立してさえいればそれで良しとしていましたし、平日の日中は会社員としてのワークの優先順位さえ考えていれば、それなりに楽しい時間を過ごすことができました。

しかし、30歳手前になるとそれはあくまでも“それなり”の時間の過ごし方であると思い至ります。

今までの過ごし方が、仕事も趣味も私一人分の満足しか視界に入っていないのではないかという疑念が沸き起こった時、今までの価値観は脆くも瓦解したのです。

不思議なことにあんなに大切にしていた自分一人分の満足に嫌気がさしたのです。

そんな価値観の変動に気付く日がやって来て、あれだけ嫌だと思っていた親の小言を忠告として受け止める心構えができた頃、あらためて未来像を描き直したのです。

そうして自分がどういう人生を歩みたいのかと考えた時に、ふと思い浮かんだのがまだ見ぬ妻と子供の顔でした。

「見えないフリして過ごして来たけど、、俺 結婚したい」

それがはたして幸せなことなのかどうか分かりませんでしたが、少なくとも今 私がこの世にいるのは親が結婚して産んでくれたからここにいるのは確かなことで、

これからの結婚が私にとって幸せか正しいかなんてことは不思議なことにその時はどうでもよくなったのです。それは私個人の優先順位が著しく下がった瞬間でした。


そしてそれは同時に会社員としてのワークの優先順位のつけ方もふと変わった瞬間でもありました。

今までは人の仕事も率先して請けていましたが、勤務時間が極端にオーバーするワークについては一歩引いて接する様になったのです。

何でも請けるのではなく線引きするようになったという方が正しいのかもしれません。やると決めたらガッツリやる。やらない場合はあっさり踵(きびす)をかえす。

プライベートの為に時間を捻出するにはそうしなければ永遠に自分の時間はまわってこない。


そうしてお見合いを何度もしました。何度もお見合いをしたという事は無下に何度も断られたという事でもあって、大した男でも無いだろうに、ちょっと高い自尊心をポキポキと折られながら過ごした日々でもありました。

でもその時はプライドの優先順位も著しく低く、自分でも不思議なくらい、泣きながら次に行こうとする活力があったのです。

そして、今の妻と出会いその一年後に結婚をします。

その後は家のローン契約や妻の出産など怒涛のイベントラッシュでしたが、その都度物事の優先順位はコロコロと変わり、私が私でなくなるような感覚を幾度となく味わいました。

それと同時に喉元を過ぎ去るとどうでもよくなる感覚を味わい、どんどんと図太い神経を身に付け、たった数年で青年はおっさんになっていくのでした。

仕事の内容も変わります。小間使い的な動きから、ちょっと上流の仕事を任せられたりする様になりますし、時代の流れから過去の仕事のやり方を棄てなければならない事態にも遭遇します。

その都度考えて、正しいのかどうか分からない選択肢をせまられ選ぶことの連続です。そこには凝り固まった価値観はありません。これは会社員だろうが公務員だろうが、自営業者でも多分一緒なのだと思います。


優先順位はその時々で変動するし、変わってしまったが最後、過去の価値観は脱皮した後の抜け殻の様な存在になるのです。

だから自分の価値観がガラッと変わってしまった時は素直に受け入れるしかないのだと思うのです。例えば幼虫からサナギになってしまったら蝶になるしかないでしょう。サナギからまた幼虫が出てきたら可笑しいでしょ?

今までの優先順位なんてコロコロ切り換えるしかない訳です。端からみたら一貫性のない動きに見えますが、まー そんなもんですよね。

季節が一巡すれば人は別人だと思った方が良いでしょうね。

私もそしてあなたも


今日もブログに来てくれてありがとうございます、またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  2. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  3. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…
  4. ベビーゲート
    今回はベビーゲートの紹介です。子供が1歳を迎える頃には用意しておいて損はない便利な商品です。メーカー…
  5. パラレルクランプで圧着1
    日曜大工(DIY)の時、木材同士を繋ぎ合わせたり組立てたりする場合に、皆さまどのようにされてますか?…
  6. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  7. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  8. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  2. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  3. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  4. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  5. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  6. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  7. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  8. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…

ガーデニングやエッセイ

  1. 絵本棚製作完成
    “頭よりも自分の手を信じた方が良いこともある” 我が家には木で出来たモノが多い。 こんな…
  2. 別に何が見たいってわけでもなかったんだけれども、たまたまついてたテレビからアフリカの映像が流れてきた…
  3. 今年もセミの鳴き声が聴こえてきましたね。 夏の風物詩だといいますが、正直な話どうもあのジィ~ジ…
  4. 子供にふと驚かされることがあります。 先日の話ですが、あの時もひどく暑い夏の晩で、汗ばむシャツ…
  5. ビニール袋の凧で大はしゃぎしている娘2
    うちの娘はひたすら元気です。 最近驚いたのがスーパーのレジ袋に紐を結び付けたモノを凧上げと称し…

応援お願いします!

リンク

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

リンク

ページ上部へ戻る