映画のエンドロールと帰りゆく人影、それを眺めるのが好きなんですよね

  • 2017/4/5

独りで何をするわけでもなくボーとしているのが好きな私はちょっと変わってるかもしれないが、人影を眺めているだけで幸せだったりします。

特に映画のエンドロールが流れる中、スクリーンの片隅に見える人影の動きは最高にお気に入りで、

人間模様っていうのかな?

暗がりの中で見える幽かなシルエットがとても尊く感じるのです。

遠慮しながらも足早に帰る人、彼氏であろう男性に嬉しそうに話し掛ける女性、エンドロールまでが作品だと紳士的に鑑賞を続ける人、そんな光景が私のどうでもいい何だかよく分からない心の琴線をくすぐるのです。

映画館はどこか現実と切り離された空間で、物語にのめり込むことができる反面、閉鎖的な空間にいつしか息苦しさを覚えることがあり、時に迫り来る物語から逃れるかのように現実の空気を求めてしまう自分がいたりするのですが、

エンドロールの時間の人影がざわめくあの光景が、不意に私を救うことがあります。

それは扉が開くかすかな音に、漏れてくる外の明かり、流れ込む空気がそうさせるのかもしれないし、

もしかしたらこの物語を一緒に楽しんだ人達の息づかいが急に目の前に顕れるからかもしれない。

固唾をのんで見守っていた物語から観客が開放されたあの瞬間、沈んでいた人影が一斉に色を帯びます。まだエンドロールの途中ですから暗いのですが、やっぱり色を帯びるのだと思います。

そしてエンドロールの流れと帰る人波の流れは私の感覚では重なるところがあって、映画制作に携わった関係者の名前の流れと、その作品にお金を払って観にきた人の姿が同時に流れゆくのですから、その光景が映画と現実が交錯する幻想的なライブ感に溢れている様に思うのです。

‥‥

こういった感覚は私だけのものなのかなと先日ふと思いたち、試しにネットに流してみたのですが、思ったより同意の反響があり、ちょっぴり安心しました。

マナー的な話をすれば、エンドロールで席をたつのはいけないことなのかもしれませんし、気分を害する方もいらっしゃるのも事実です。

何が正解かは分かりませんが、あんまり正しさを追求するのもちょっと息苦しいですし、そんなときにこんな暢気な考えの人もいるんだということを知っていたら、肩の力も抜けるかもしれませんね。

‥‥

とりとめもない話で申し訳ないですが、今日も読んでくれてありがとうございます、またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  2. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  3. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  4. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  5. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  6. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  7. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  8. 棚作りをするにしても、その他の木工作品を作るにしても日曜大工(DIY)の現場で直角に線を引く機会は想…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  6. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  7. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. ちょっとした事だと思うんですが‥ 例えば、誰かが仕事か何かで失敗をしたとしていきなり「おい、何…
  2. 金魚鉢に金魚
    夏が美味しいビールの季節であるように、金魚鉢で泳ぐ金魚を眺めるのもまた夏が良い。夏というのはそう、冷…
  3. 駅ナカの売店って結構コロコロかわりますよね。この間までパン屋さんだなって思っていたら、いつの間にか“…
  4. 3歳半の娘が作った積み木のロボット
    うちの娘が初めて“人の顔っぽいもの”を描いたのはいつだっただろう‥ ふと思いたって、記憶の糸を…
  5. 愛する子供たちへ 将来もしも自分のことを相手に伝えたいと強く思う時が来たなら自己主張するよりも…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る