移りゆく世の中で変わらないモノが本当は尊かったりしますよね、桜でも見に行こうよ

  • 2017/3/22

三月も中旬に差し掛かると指先がかじかむような寒さも和らぎ日中の陽射しが暖かくなってきます。奈良では東大寺二月堂のお水取りが過ぎれば春の訪れだと言われています。

桜とともにやってくる春の訪れが好きな人も多いでしょう。

日本には四季があって季節が変われど生活する我々は毎年くるくるくるくる同じ様な営みをそれぞれの季節で過ごしています。程度の差はあれど、畢竟するにご飯を食べて寝て、時に泣き、時に笑う、その繰り返しです。

世の中が劇的に変化していくさなか、一見して退屈ではありますが、変わらないことの大切さなんていうことも四十手前の歳になると感じるようになってきました。

人の力では止めることができない変化の中で変わらないことに心打たれる事

‥‥

そんなことをはじめて感じたのはいつだったかを遡ってみますと懐かしいエピソードを思い出しました。

ずいぶん前の話ですが、私が大学生の時ですから16年ほど前になると思います。その頃はスマホなんてなかったですから就職活動なんかでネットを使用する場合なんかは学校のPCに群がって順番待ちしていました。

我々の時代は就職氷河期と呼ばれ企業の採用が極端に少なかったのを記憶しています。

上手くいかないと現実逃避にネットの波を漂流するのは今の時代とあい変わらずで、その時代も流行りで流れてくる情報にただただ流されていました。まだ画像転送するのにも時間がかかった時代ですのでもっぱら文字ばかりを追い掛けていたと思います‥

そんな記憶の中でたまに思い出されるのがドラえもんの最終回という作り話があったことで、全くの非公式でどこの誰が作ったかも分からない小説を皆むさぼる様に読んでいたなんてことがありました。そりゃ就職もなかなか決まりませんよね。

古い記憶ですが内容的にはこんな感じのことだったと記憶しています。

‥‥

それは突然のことでした、ある日を境にドラえもんは動かなくなってしまいます、助けようにも解決する手立てがなくのび太君は途方にくれてしまいます。それもそのはず未来のテクノロジーで生み出されたロボットは現代科学では復旧不可能だったのだから‥

動く気配のないドラえもんをどうしようもなく眺めるだけの のび太君でしたが悲しみの果てに一念発起し、勉学に励むことになります、いつかドラえもんを自分の手でどうにか助け出すんだという信念のもとに。

勉強の苦手なのび太君でしたからずいぶん苦労します。何年も何年もかかります。春が過ぎ、夏が来て、秋が深まり、冬の寒さを幾度繰り返したことか。

やがてのび太君は科学者になり社会的には成功をおさめますが、ドラえもんを助けるという念願はかなわず、幸せな生活を送りながら、それでも仕事の合間を縫って研究を続ける毎日を続けます。変わり映えのしない毎日です。

ついには白髪も混じる年齢に差し掛かり、誰もが諦めたものと思っていた頃に奇跡が訪れます。

静かにドラえもんが動いたのです。

のび太君の頬を涙がつたいます、あれほど待ち望んだ瞬間であるのにかかわらず、気持ちの整理がつかずに何も声にすることはできなかったのです。

そんな声無き声に咽び泣くのび太君を見るに見かねたのか不意にドラえもんが優しく話し掛けます。

「どうしたんだい、のび太君?またジャイアンにいじめられたのかい?」

‥‥

苦労を乗り越えて変化していく時代とのび太君、それに対してドラえもんがのび太に向けるその眼差しだけは時を越えても決して変わらないというその話のコントラストに皆涙しました。

あの変わらないドラえもんの眼差しは私の心に深く深く鮮明に刻まれました。

就職活動のことなんてきっと忘れていたと思います。

‥‥

話は私の過去に戻ります

やがて就職戦線で勝ち残った人もそうでない人もその後は社会に出ます。あれだけ学生時代ともに過ごした仲間達も社会に出た途端に散りぢりになります。自分の生活のために忙殺される日々、気が付いたら連絡が取れる友達も減ってゆきます。

たまに繋がったかと思えば、お金を無心してくるかつての友人も出てきます。痩せこけた頬に貼り付いた得体の知れない愛想を振り撒いて近付いてくるその姿を目の当たりにしたとき、そんなときは心が張り裂けそうになります。そして実際に張り裂けた心の隙間からは冷静な自分が目を覚まし、残酷な返事をしたりするのです。

吐きそうになりました。

子供の頃は大人になると強くなるものだと思っていましたが、そんなことはとんでもなく、涙があまり出ないだけで実際は大して強くないものだということを知ります。

‥‥

それでも前に進んでいると、不意に温かさに触れることがあって、そしてその暖かいものは何だか昔から変わらないものだったりします。そして激動の変化の中で変わらないものに触れたときに我々は涙するのです。そこには本当に見たかった何かがあるから‥

そして変わらないと思っていたものが変わってしまった時に一抹の寂しさと共に悲しみが襲いかかり心を切り裂いてしまうのです。

生きているとそんな事の繰り返しで、そんなことが毎日ありますから泣いたり笑ったりその都度に感情が揺さぶられて、ちょっと苦しくなります、困ったことに苦しくてもそれでもお腹は空きますから食事をとります、ご飯を食べれば眠くなりますのでお布団でお休みします。翌日スッキリして目覚めて極めて単純な自分にちょっと嫌悪します。

「何なのだ、この毎日は」と答えのない疑問に立ちすくむこともあるでしょう。

でもそれは本当はありがたいことで苦しさで食欲や睡眠欲がなくなるなんてことになれば数日でヒトは壊れてしまうのですから、日が暮れてリセットされる毎日はきっと尊いものなのです。

‥‥

リセットされる日常は進んでいないように見えても実は進んでいることもあります、あの作り話で読んだのび太君の努力の様に、長い年月を経て花開くことがあるかもしれない。

しかしそれは結果論であり、大抵の人生は報われない毎日が続くもので無情にして残酷、何せ一日は24時間でリセットされ続けます。変化を感じるのは季節の移ろいだけかもしれません。

でもそれでいいのだと私は考えています。季節の移ろいを感じられる間は正常な人の営みを過ごしているということ

‥‥

季節の変化が感じられないなら、どこか無理をして生きている証拠なのではないでしょうかとも私は思っていて、いずれ物事が立ちゆかなくなります。

もし行き詰まったら視線を外に向けてください。

例えば今ならもうすぐ桜が咲きます。

春になれば桜が咲きます、日本中の川沿いや並木道、または遠くの山の斜面に、子供がいれば校庭に咲き乱れる桜を見上げながら入学式を迎える人もいるでしょう。

今の時代だからSNSにも桜の画像でタイムラインがいっぱいになるでしょう。

しかしひとまずネットからは離れて実際に桜を眺めながら道を歩いてみてください。桜の花びらは太陽にではなく我々の方向に向かって咲いています。そして花びらの隙間から流れ落ちる陽射しに心を許して下さい。

咲き乱れる桜の光景は何百年も続く日本の変わらない刹那的な美しい姿の象徴だから、

その短すぎる桜の美しい姿に心をゆだねるだけでも楽になるはずで、進まなかった足が前に向いちゃうかもしれないし、もちろんいつもの日常に戻ってもいいのです

‥‥

変わらないことは実に尊いことでもあるのです。

‥‥

読んでくれてありがとうございました、またね

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  2. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  3. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  4. トラックの荷台で荷物をロープで強く縛りたい時、またアウトドアで木に張力(テンション)をつけてロープを…
  5. ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃
    “コンクリートのザラザラした部分やガタガタした箇所を自分で綺麗にすることは可能か?” 電動工具…
  6. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  7. 日曜大工(diy)で木材を加工切断したい。ジグソーや丸のこがあることを知ったがいまいちどちらを買えば…
  8. ラブリコで柱をたてる
    家の中で縦の空間を有効活用したいというのは皆がよく思うことだと思いますが、例えば天井一杯に棚を取り付…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  2. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  5. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  6. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  7. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  8. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. アジサイのドライフラワー
    家のどこでも良いのですが、ちょっと風が通って、日陰になるところに、2~3週間ほど花を吊り下げたことあ…
  2. ぽかぽか温まる息子の絵
    わが家のおチビちゃん達は大のお風呂好きです。 3歳の娘と1歳の息子ですが、湯船に入って遊びだし…
  3. 三月も中旬に差し掛かると指先がかじかむような寒さも和らぎ日中の陽射しが暖かくなってきます。奈良では東…
  4. 湯タンポのキャップ
    我が家では冬の時期に湯タンポが大活躍します。寝る前に布団の中にしのばせておくのですが、足元に湯タンポ…
  5. 別に何が見たいってわけでもなかったんだけれども、たまたまついてたテレビからアフリカの映像が流れてきた…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る