小さい子ってクシャッとつぶれる様なモノが好きだよね、ダンボールで即席のワニのオモチャを作ったよ

  • 2017/3/2
段ボールで作った即席のワニのオモチャ

先日買い物でアクリルの容器を購入したのですが、傷つき防止の緩衝材として、薄い段ボール紙が容器の内側に入っていました。

ダンボールは特に買った後は必要ないので、そのまま捨てようかなと思っていましたが、捨てる時に“くにゃっ”と折り曲げると何となく“ワニ”の形にみたいに見えることに気付きまして、非常に雑ではあるのですが、そのまま手足と目をつけて子供用に即席でワニのオモチャを作ってみました。

それがアイキャッチ画像のワニです。

色も塗っていないので茶色いままです。妻は緑色じゃないからワニっぽくないと言いましたが、即席のオモチャだし良いんじゃないってなノリで完成しました。

ディテールもなにもあったもんではないのですが、一応顎(アゴ)の部分は動くようにして、口がパカッと開くようにできています。

手足はセロハンテープでとめただけの代物です。

おそらく三歳児の娘と一歳児の息子のペアに捕まったが最後、一日も経てば無惨な姿になるんだろうなと思いながらも「はい」と手渡す私。

「ワニさん🎵ワニさん🎵」と娘

「うー、うー!」と息子

早速遊び始めました。口がパカッと動くのが面白いらしくしばらく色んなモノを噛まして遊んでいるようでした。その中にはミニカーとかも含まれていて、おそらく彼女らの頭の中のイメージでは怪獣映画さながらの世界が繰り広げられているんだろうなということは想像にかたくありません。

(しかし、車を噛み砕くぐらいの大きさのワニが実際に出てきたらオシッコチビっちゃうよね‥)

ところで思ったのですが、小さい子ってカシャカシャ音がなるものだとか、クシャッて潰れちゃう様なモノや、ぐちゃぐちゃにできるモノが好きですよね?

ビニール袋なんかも大好き。いつかの記事にも書きましたが、ビニール袋にタコ紐付けるだけで遊べるんだからスゴいです。

大人からしたら全く訳がわからないのですが、もしかしたら、そこにはダサいもカッコいいも存在しない小さい子独特の世界があるのかもしれないと最近は感じるようになってきました。

ぐちゃぐちゃにするのがとにかく楽しいと感じているのかもしれません。

それも悪いことではないのではないのかもしれないですね。観察していてビックリするのですが、例えば一歳3ヶ月ぐらいを過ぎるとよくタンスの引出しの中身をぐちゃぐちゃにしまくって遊ぶのですが、ふしぎなことに数ヵ月後には、何処に何をしまっているのか覚えているのです。

多分子育て経験がある方はこの現象に出くわしているのではないでしょうか?

あれは本当に不思議なのです。子供ってのは、物事をカオス状にぐちゃぐちゃにすればするほど、頭の中が整理整頓されるんじゃないかなって思うほど、吸収していくんです。

だから最近は多少散らかっても、モノをクシャッと潰しても、叱りはすれどもさして気にはしなくなってしまいました。散らかしたり潰したりすることは彼らにとっては必要なことなのかもしれないと思っています。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. クッションシートをめくる
    今回は自転車用チャイルドシート(後ろ側)の取付け方を紹介します。 子供が乗るものだし、自転車屋…
  2. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  3. ディスクグラインダーとコンクリート研削用の刃
    “コンクリートのザラザラした部分やガタガタした箇所を自分で綺麗にすることは可能か?” 電動工具…
  4. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  5. 飾り棚側面
    テレビまわりは目立ちますし、出来ればオシャレにしたいですよね? 今回は集成材でテレビボードとそ…
  6. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  7. 外れ止めをドライバーで緩める
    世の中に出回っている網戸掃除の情報は、基本的に網戸サッシをレールから取り外さない事を前提に取り上げら…
  8. レセプタクルの中身
    たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的に…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  2. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  3. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  6. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  7. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  8. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. カタツムリと雪だるま
    もうすぐ3歳の娘。最近は切り紙なんかしているとこちらに寄ってきます。 「パパ、カタツムリ作って…
  2. 先日、近所にある大型のオモチャ屋へ出向きましたがいつもと雰囲気が違うことに気付きました。はじめはクリ…
  3. 最近ステンレス製のピンチハンガーを購入しました。そして同時に衣類様のステンレスハンガー40本買いまし…
  4. 赤ちゃんの片目もしくは両目が涙目になりがち、朝起きたときに目ヤニがひどい、結構心配になりますよね。 …
  5. ネズミのチューキチ
    あれはまだ私が小学校低学年の頃だったと思いますが、一度だけ家にネズミが住み着いたことがありました。 …

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る