小さい子ってクシャッとつぶれる様なモノが好きだよね、ダンボールで即席のワニのオモチャを作ったよ

  • 2017/3/2
段ボールで作った即席のワニのオモチャ

先日買い物でアクリルの容器を購入したのですが、傷つき防止の緩衝材として、薄い段ボール紙が容器の内側に入っていました。

ダンボールは特に買った後は必要ないので、そのまま捨てようかなと思っていましたが、捨てる時に“くにゃっ”と折り曲げると何となく“ワニ”の形にみたいに見えることに気付きまして、非常に雑ではあるのですが、そのまま手足と目をつけて子供用に即席でワニのオモチャを作ってみました。

それがアイキャッチ画像のワニです。

色も塗っていないので茶色いままです。妻は緑色じゃないからワニっぽくないと言いましたが、即席のオモチャだし良いんじゃないってなノリで完成しました。

ディテールもなにもあったもんではないのですが、一応顎(アゴ)の部分は動くようにして、口がパカッと開くようにできています。

手足はセロハンテープでとめただけの代物です。

おそらく三歳児の娘と一歳児の息子のペアに捕まったが最後、一日も経てば無惨な姿になるんだろうなと思いながらも「はい」と手渡す私。

「ワニさん🎵ワニさん🎵」と娘

「うー、うー!」と息子

早速遊び始めました。口がパカッと動くのが面白いらしくしばらく色んなモノを噛まして遊んでいるようでした。その中にはミニカーとかも含まれていて、おそらく彼女らの頭の中のイメージでは怪獣映画さながらの世界が繰り広げられているんだろうなということは想像にかたくありません。

(しかし、車を噛み砕くぐらいの大きさのワニが実際に出てきたらオシッコチビっちゃうよね‥)

ところで思ったのですが、小さい子ってカシャカシャ音がなるものだとか、クシャッて潰れちゃう様なモノや、ぐちゃぐちゃにできるモノが好きですよね?

ビニール袋なんかも大好き。いつかの記事にも書きましたが、ビニール袋にタコ紐付けるだけで遊べるんだからスゴいです。

大人からしたら全く訳がわからないのですが、もしかしたら、そこにはダサいもカッコいいも存在しない小さい子独特の世界があるのかもしれないと最近は感じるようになってきました。

ぐちゃぐちゃにするのがとにかく楽しいと感じているのかもしれません。

それも悪いことではないのではないのかもしれないですね。観察していてビックリするのですが、例えば一歳3ヶ月ぐらいを過ぎるとよくタンスの引出しの中身をぐちゃぐちゃにしまくって遊ぶのですが、ふしぎなことに数ヵ月後には、何処に何をしまっているのか覚えているのです。

多分子育て経験がある方はこの現象に出くわしているのではないでしょうか?

あれは本当に不思議なのです。子供ってのは、物事をカオス状にぐちゃぐちゃにすればするほど、頭の中が整理整頓されるんじゃないかなって思うほど、吸収していくんです。

だから最近は多少散らかっても、モノをクシャッと潰しても、叱りはすれどもさして気にはしなくなってしまいました。散らかしたり潰したりすることは彼らにとっては必要なことなのかもしれないと思っています。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  2. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  3. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  4. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  5. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  6. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  7. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  8. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  2. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  3. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  4. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  5. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  6. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  7. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  8. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. 網戸をゴシゴシ洗っています
    当たり前の事なのでしょうが、子供はよく大人の真似をします。良くも悪くも鏡のような感じです。今現在は運…
  2. 今年もセミの鳴き声が聴こえてきましたね。 夏の風物詩だといいますが、正直な話どうもあのジィ~ジ…
  3. メジロと桜
    最近手を出している切り絵の制作ですが、春らしいものということで桜の木にとまる「メジロ」をモチーフに楽…
  4. 愛する子供たちへ 将来もしも自分のことを相手に伝えたいと強く思う時が来たなら自己主張するよりも…
  5. 3歳半の娘が作った積み木のロボット
    うちの娘が初めて“人の顔っぽいもの”を描いたのはいつだっただろう‥ ふと思いたって、記憶の糸を…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る