マトリョーシカを作ってみたい人へ、今回はフクロウのマトリョーシカを作ってみたよ

  • 2017/1/23
たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました

今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フクロウを題材としたマトリョーシカは多いみたいでフロリョーシカだとかフクローシカなんて呼ばれていたりしていてどれも可愛いですね。

この記事をご覧になっている皆様はマトリョーシカを作ってみたいと思ったことはありますか?

私は前々から挑戦してみたいと思ってはいたのですが中々手を出さずに過ごしていました。

多分そういった人向けに“キット”だとか“素材”なんかは販売されているんだろうなとうっすら勘づいてはいたのですが、白木の素材だけでも結構高そうだしと調べもせずに億劫になっていたのです。

そんな日々の中、モノは試しにいつものようにネットで検索してみますと、あら‥サクッと引っ掛かりました。それも手頃なお値段で‥

これなら失敗した時用の予備を購入したとしても大丈夫だろうななんて事を思いそのまま4セット購入しました。

マトリョーシカのキット

マトリョーシカのキット

このような感じで、一番小さなモノも含めて1セット五体の品物でした。

肌触りが優しくてこのままでも十分にかわいい。フシのあるものもありましたが酷いものは含まれていませんでした。作品作りに使用可能なモノばかり、ありがたいですね。

さて絵が得意な人でも立体的な表面に描くマトリョーシカは勝手が違いますよね。特に木肌に筆を走らせるのは難しい。

やってみるとわかると思いますが、木肌の場合、絵の具に含まれる水分量が多いと一気に色が滲み(にじみ)ながら拡がってしまいますので、基本はどうしてもベタ塗りになります。

こればかりは練習あるのみですよね。

さて、私の場合は木彫りなんかが大好きで今までも色んなモノを手作りした経験がありますので、今回はマトリョーシカの一番外側の層にだけ、立体的な造形にすることにしました。

まずは下書きをして、ハイスピードロータリーツール(ミニルータ)を用いて表面を削っていきます。

手の中でうまれるフクロウのマトリョーシカ

手の中でうまれるフクロウのマトリョーシカ

どんどん手の中でそれっぽくなってくるフクロウのマトリョーシカ、愛おしい。私は40歳手前のいいおっさんですがそこはフルスイングで無視して頂きたい。

ミニルータ(ハイスピードロータリーツール)ドレメル「3000」

ミニルータ(ハイスピードロータリーツール)ドレメル「3000」

ちなみにハイスピードロータリーツールっていうのはこれです。先端の刃を交換すると色んな削りかたが出来るようになりますよ。楽しい電動工具です。

クチバシを作る

クチバシを作る

続きましてクチバシを後付けで作ります。

木片を木工用ボンドで貼り付けるだけでOKですが、上の画像の様にクランプで長時間強く固定することをお奨めします。これで少々のことでは剥がれない丈夫なクチバシになります。

木彫り段階のマトリョーシカ

そんなこんなで木彫り段階のマトリョーシカ(フクロウ)です。後はこれに色を塗っていけば良いわけですね。

実際のフクロウは褐色ベースの色合いなのですが、マトリョーシカはカラフルな感じがやっぱりイメージにピッタリくるなということで、今回オレンジベースで仕上げてみます。

他の小さな層のマトリョーシカちゃん達もカラフルにします。

カラフルなフクロウのマトリョーシカ

カラフルなフクロウのマトリョーシカ

まだ途中の段階ですが、カラフルなフクロウのマトリョーシカを並べてみました。

我ながらこれはお気に入りです。他にもいっぱい作ってみたくなりました。

これらはフクロウモチーフのマトリョーシカですが、基本は全て同じでしょうから興味を持たれた方は、試しにチャレンジするのも良いと思いますよ。

あと追伸ですが、マトリョーシカの作製キットは始めの段階でそれぞれの層の接合部が固くて、手の力で開けにくい場合があります。かといって無理にこじ開けると壊れてしまう事があります。

マイナスドライバーでも入らない位の隙間ですので、鋭いノミを隙間に当てて軽く金づちをコンコンしながら、周りを1周すると良いと思います。

ポロッと開きますよ。開いたら、紙ヤスリで丁寧にこすってあげると次から手でもパカッと開きます。

作ってみませんか?楽しいですよ

あと以前に書いた木彫りのフクロウの記事のリンクも貼っておきますね。今回とは別のタッチで作ってます。

 

あれから様々な色を塗りまして、たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました。

たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました

たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました

これはハマりそうです‥

定番の女の子をモチーフとしたマトリョーシカを作りたい人は下記のリンクへ興し下さい

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 四段まで積み上げて土を入れました
    今回はレンガを積み上げて花壇を作っていく工程を記事にしようと思います。単純にモルタル練り込んで、レン…
  2. 床拭きに挑戦
    ここ数日の話ですが急に床(フローリング)がつるつる滑る様になりました。床の塗装の具合が悪いのか、冬と…
  3. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  4. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  5. ダボ用マーカー(マーキングポンチ)とドリルストッパー
    木の継ぎ方にも色々と種類がありますが、「ダボ継ぎ」はその中でもコストが安くて、電動工具もドリルドライ…
  6. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  7. ストレスなく届きます
    電動ドライバーは便利な工具ですよね?特に長めのビスを打つ時や、打ち込む本数が多い時なんかはその有り難…
  8. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  2. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  5. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  6. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  7. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る