銅製の湯タンポの良さとお奨め商品を紹介

  • 2017/1/8
湯タンポのキャップ

我が家では冬の時期に湯タンポが大活躍します。寝る前に布団の中にしのばせておくのですが、足元に湯タンポがあるとそれだけで幸せな気持ちになれます。

愛用しているのは新光金属さんが作ってらっしゃる銅製の湯タンポなのですが、これがとても丈夫で使い勝手が良いのです。もうかれこれ3年以上使用しています。

購入前の話ですが、正直はじめは安物でも良いかと思っていましたが、よくよく考えてみると布団の中で熱湯が漏れてしまったりしたら火傷してしまうし、びしょびしょになってしまうのも嫌だなと思うようになり、次第に良いものを長いこと使いたいと思うようになりました。

そしてたどり着いたのが銅製の湯タンポという訳です。

銅製の湯タンポ

銅製の湯タンポ

上の画像が購入した湯タンポなのですが、カッコいいんですよね、銅が鈍く光っている感じですとか、デザインとかがとにかく気に入って、開封時に「おおっ!」って感動したのを覚えています。

そして細かいところの気遣いが素晴らしいことに使ってみて気付く事になります。

湯タンポのキャップ

湯タンポのキャップ

まず湯タンポのキャップには上の画像のように半円形のツマミが付いているのですが、このツマミのおかげで火傷することなく蓋をしめることが出来ますし、非常に力が入りやすいのです。ふたを開けるときも同様に楽ですよ。

キャップ裏のパッキン

キャップ裏のパッキン

キャップ裏のパッキンもしっかりしています。あと空気を抜くための弁もついています。

そして本体自体に使われている銅の厚みが凄いのです。ずしんとした重みは心地好さと安心感があります。何よりもジワジワとした温かさが長時間にわたって持続するのは、この銅の厚みが関係しているのではないかと思います。

しかも曲げ加工していますので更に丈夫さに拍車をかけています。湯タンポというのは布団にしのばせておくものですので、非常にふみやすいモノですから、丈夫さはやはり必須項目なのです。あやまって何度か踏みつけてしまった事がありますが大の大人が踏んでもびくともしませんよ。

付属の袋の中に入れる

付属の袋の中に入れる

そして付属の袋がありがたい。熱湯を入れた直後の湯タンポはカンカンに熱いわけですが、この巾着袋(きんちゃくぶくろ)に入れるとジワーとした温かさになります。この布の厚みも素晴らしいです、ちょうど良いとは正にこのことです。

湯タンポの良さこれだけにとどまりません。誰しもコタツで寝てしまってしんどくなったり、電気毛布で汗だくになってしまって逆に風邪をひいてしまったりした経験なんかがおありかも知れませんが、湯タンポにはこういった体の不調が起こらない利点というのもあります。

局所的に温めたい時なんかも非常に便利です。椅子に座っている時に足元に置いてみたり、腰をちょっと温めたりするのにも役立ちます。

冬になる度に引き出してきては湯タンポの温かさに触れるというのも風物詩的な感じがしていいですよね

 

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  2. 棚作りをするにしても、その他の木工作品を作るにしても日曜大工(DIY)の現場で直角に線を引く機会は想…
  3. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…
  4. 絵本棚製作完成
    ここ暫く絵本棚製作に励んでいましたが、加工・組立ても完了しましたので、仕上げに亜麻仁油を塗って表面を…
  5. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  6. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  7. 黒板付きの扉
    今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見! [caption…
  8. ハタガネで密着保持
    今回は接着剤と相性の良い道具を紹介します。 その道具の名前は“ハタガネ”といい、構造的には金属…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  2. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  3. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  4. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  5. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  6. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  7. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  8. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る