天井にシンプルに電球を取り付ける方法と手順

  • 2017/1/5
レセプタクルの中身

たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的には天井からソケットが出ていて電球だけが取り付ける事が出来ればそれで良いという簡単な発想なのですが、いざ自分でやるとなると何処で何を購入したら良いのか想像がつかないという人がほとんどではないでしょうか?

天井に電球を取り付けるイメージ

天井に電球を取り付けるイメージ

先に述べたイメージを画像にするとこのようになるのですが、電球以外のそれぞれの部品(パーツ)の名前が分かりますか?意外に知らないでしょ?

そのような訳で今回はシンプルな電球の取付けについて、我が家で実践した方法と手順を紹介したいと思います。

まずは天井に引っ掛けシーリングという部品が取り付けられているかどうかが前提になりますので、家の天井をチェックしてみて下さい。

引っ掛けシーリング

引っ掛けシーリング

上の画像が引っ掛けシーリングという天井まわりの電源が絡む支持器具です。正式には引っ掛けシーリングローゼットと呼ぶそうですが、引っ掛けシーリングで充分に伝わりますので正式名称はあまり気にしなくて良いかと思います。

これについては最近の住居ではほぼ標準でついているのではないでしょうか?見たことがないという方でも照明器具を一旦取り外せば顔を出してくると思いますよ。

さて、この“引っ掛けシーリング”が標準で天井に装備されているとすれば電気配線の工事をしなくて良い事になりますので一般の方でも手が出せるようになります。残念ながら無い場合はプロによる電気工事が必要になります。免許が必要ですので勝手に配線してはいけませんよ。

後はここにソケットがワンタッチで取り付ける事が出来れば良いわけですよね。

そしてこの引っ掛けシーリングに対応するソケットの部品名称をレセプタクルといいます。

ランプレセプタクル

レセプタクル

この部品ですね。電器屋さんやホームセンターではこのような形で販売されていますが、はっきり言ってこれだけ見ても一般の人には何の部品か分かりませんよね。

レセプタクルの中身

レセプタクルの中身

カバーを外すとこうなります。引っ掛けシーリングの鍵穴に合う形でプラグが出ているのが見てとれると思います。この鍵穴に差し込んで少し捻ればそれで取付け完了という訳です。カバーをはめると先ほどの画像の様になりますので、後はソケットのねじ切りに沿って捻りながら電球を回せば簡単に取付けが可能になります。

最後にですが、ソケットのねじ切りの部分にはサイズがありますので購入の際は電球と合わせておき、間違いのないようにしましょう。

個人的には一般的な家の天井に取り付けるというのなら“E26口金”のサイズあたりが妥当ではないかと思います。

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 飾り棚側面
    テレビまわりは目立ちますし、出来ればオシャレにしたいですよね? 今回は集成材でテレビボードとそ…
  2. レンガタガネで割ったレンガ
    今回はタガネという道具を使って煉瓦(レンガ)を割る方法を一つ紹介致します。 タガネは“レンガタ…
  3. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  4. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  5. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  6. メタルラック、スチールシェルフ、呼び方は色々ありますが金属製のポールとワイヤーラックを組み合わせて自…
  7. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  8. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  2. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  3. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  4. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  5. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  6. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  7. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  8. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. おままごとしている娘
    今回は子供用におままごとカウンターを作った話です。 na工房では日曜大工(diy)で棚をよく作…
  2. ネズミのチューキチ
    あれはまだ私が小学校低学年の頃だったと思いますが、一度だけ家にネズミが住み着いたことがありました。 …
  3. 段ボールで作った即席のワニのオモチャ
    先日買い物でアクリルの容器を購入したのですが、傷つき防止の緩衝材として、薄い段ボール紙が容器の内側に…
  4. これで鉢も復活
    手間だけど楽しい土の再生や鉢磨き、今回は晴れた日にしたい土いじりの記事です。 鉢植えの花という…
  5. カウンターの上は棚になっています
    na工房は日曜大工ぐらいのことしかしていませんが、最近思うところがあり、デザインに関する本を少しあた…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る