3歳までの記憶

  • 2016/12/6

自身がどんな赤ちゃんであったのか?

曖昧な記憶も無ければ断片的な記憶もない。痕跡としてはアルバムの写真なんかは残っているのですが、“それってその赤ちゃんの全てじゃないよね”という想いが仄かに心をかすめます。

運良く子供に恵まれたからこそ抱いた想いなのですが、兎にも角にも赤ちゃんと言うのは手がかかります。よく二人目の子供はアルバムの写真が少なくなるとか言われますが、それって愛情が薄れるからでは無いですよね。きっと純粋に余裕がなくなるから。目が離せない上の子を世話しながらですからね、シャッターチャンスは必然と少なくなります。

だから本当に赤ちゃんの時にどんな様子で親と接していたのかですとか、どんな時に不機嫌になって親を困らせたのかはよく見えないのですね。

ただ親の淡い想い出の中にだけ本当の赤ちゃん時代の私がいるのです。自分の過去でありながら何だか自分のものではない、赤ちゃんとはそんな不思議なものなのだとようやく思い至りました。

自分の子を眺めていると、それぞれ性格が違います。三つ子の魂百までなんて言いますが、本当はもっと早い段階で性格や人格というものは形作られているんじゃないかと思います。

親がどう接するかで子供の性格や人格は決まってくるって聞いていましたので、産まれた当初は内心ヒヤヒヤしていましたが、今その立場にたってみるとそれはとんだ傲慢だったなと気付かされました。

日々仕事と子育てにドタバタと追われる我が家、抱いていると温かい気持ちにもなりますが、着ている服は赤ちゃんの鼻水やらなんやでカッピカピであります。

決して綺麗なものではない‥

うんちが出ないとなれば心配し、出たら出たでスッキリしたのか笑顔でキャッキャと笑う息子を見るにつけても安心しながらも「なに笑てんねん」と内心毒づいているのも紛れもない事実であります。

そんな日常でありますから赤ちゃんの成長をコントロールしようだなんてトンでもないことなのです。

でもね母親なんかは特にそうですが、子供の変化にはとても敏感に反応します。“ちょっと調子が悪いのかな”だとか“この子嘘ついてるな”なんていう微妙な変化は瞬時に感じ取ります。言葉は喋れなくても子供だって嘘はつくのです。

だから自分よりも先に自分の変化に気付くのは母親なのです。父親はその辺りはどうも鈍感ですけどね。

結構世の中には自分の母親がどうも苦手だと思っている人が多分にいるような気がしますが、この辺りの母親としての敏感さが起因しているような気がしなくともない。その存在だけで「世間様は騙せても母親は騙せないからね」と暗に迫られている様な圧迫感を感じるのかも知れませんね。

そんな親とて完璧ではありませんが、“自分の記憶のない空白の3年間”を知っているというのは子供の立場からすると非常に厄介です。頭を下げ続けるしかできませんから。しかしそれは本当は有難いことなのかもしれないとも最近は思い始めています。

私なんかは大人になれば自分の好きなように出来ると思っていた若僧でしたが、運良く現代社会を生き延びるにつれて、大人になればなる程、本当は頭が上がらない人が増えてくるという奇妙な現実にただただ打ちひしがれています。

“親には何だか分からないけど頭が上がらない”とその時点で一回頭を打ってる。そのおかげでこんな奇妙な現実を受け入れていられる。これまた何だか分からないけど有難い気もするのですよ。

今日は12月の6日、実は私の母が産まれた日なのであります。そういやうちの母親も祖母には頭が上がっていない様な気がするな。何にせよ「おめでとう」と朝にメールを入れておいた。

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  2. ハタガネで密着保持
    今回は接着剤と相性の良い道具を紹介します。 その道具の名前は“ハタガネ”といい、構造的には金属…
  3. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  4. 手芸用のハサミで鹿のシルエットを切り抜く
    カットワークの作業は本当に繊細です。 その精密さから紙に限らず、布やフェルト生地なんかを細い線…
  5. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  6. 作業台と補助台
    日曜大工の基本といえば木材の加工作業となるのですが、まずは作業台がなければ始まりません。na工房では…
  7. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  8. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  2. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  3. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  4. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  5. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  6. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  7. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  8. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. 愛する子供たちへ 自分の言葉で物事を語ったりだとか伝えたりすることというのは非常に難しいし、怖…
  2. 溝堀
    趣味の一環で木工や日曜大工等のdiyを始めたのは、今から3年ほど前になります。 柵で庭に目隠し…
  3. 今回は本のご紹介です。 “「フランダースの犬」解説―風車が燃えた秘密―” こ…
  4. 友達との何気ないお喋りは楽しいけれども、自分の想いを言葉に乗せて誰かに伝えることって怖いものだと思う…
  5. 庭画像
    na工房の裏手は高い石垣に囲まれており、住み始めた当初はどうしてもその圧迫感に居心地の悪さを感じてい…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る