燃えるゴミの日と庭先のセミ

  • 2016/7/12

今年もセミの鳴き声が聴こえてきましたね。

夏の風物詩だといいますが、正直な話どうもあのジィ~ジィ~と頭に響く音を耳にすると暑さが倍増するような気がして、いまいち好きにはなれないのですが、そんなことを言ってもどうしようもないので毎年じっと我慢している気がします。

子供の頃はパッとプールにでも行って気分転換に楽しもうなんて気持ちもあったのですが、大人になるとそれすらも億劫になり、ただ行き交う年月を数えるだけになってしまいました。

ジィ~ジィ~鳴くセミ

ジィ~ジィ~鳴くセミ

 

今朝がた、暑さで目が覚めてどうも仕方がないので庭の花や木に水やりをしていますと、そういや今日は燃えるゴミの日だったなとぼんやり頭に浮かびました。

生ゴミと一緒に、休みの日に引っこ抜いて乾かしておいた雑草やらを袋に詰め込んでいる最中、ふと感じるものがあって視線を庭先に戻すと、ポツンと横たわるセミのなきがらに目にとまりました。最近鳴き出したと思ったら、もう転がっているのね。

別にセミが好きでも何でもないのですが、毎年この儚いセミの最期を見届けると切ない気持ちになります。何年も土の中で過ごし続けて、やっとの思いで外の世界に出てきて、空に羽ばたいたと思ったら、数日でこの世を去るわけですから、いたたまれないですよね。

その間、鳴き声がうるさいと人間に批難され、そのくせ人間の子供達の虫取あみの標的になり、数々の試練を乗り越えこのクソ暑い日本でメスを追いかけ回す訳です。

セミさん 立派ですよ。

その見た目からどちらかといえば私にとってセミは苦手な部類に入りますが、その生き様はたくましくて、うるさくて、いっそ清々しい。

遠慮勝ちに我慢して生きる人が多いこの世の中、セミは一夏だけけたたましく生きる。多分悩んでいる暇なんてものは全くなく、モテようがモテまいがひたすらメスにアタックする。そして、結ばれようが結ばれなかろうが後悔する間もなくこの世を去るのだ。それこそ最期は景色の良い場所でなんてことも考えない。ひとんちの庭先で転がろうがお構い無しなのだ。

迷惑ですがセミだし、きっとそれで良いのでしょう‥

そして、毎年転がるセミのなきがらを処分する時、どこか心の奥底の方で私はセミに「ご苦労様」と伝え、そっとそのなきがらを燃えるゴミの袋へと閉じ込めるのです。別に墓を用意するわけでも何でもないけれども、このまま静かに眠るといいと思うのです、多分このセミはこの暑い夏を精一杯生きたはず。

たまたま我が家の庭先に転がっていただけだけれども、とりあえずは見届けるという仕事を、この夏もしばらくは続ける事になるのでしょう。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 瓶のプラスチックキャップを取り外す
    家庭内でのゴミの分別は面倒くさい作業ですが、ちょっとした道具で画期的に楽になったりしますよね。 …
  2. 床拭きに挑戦
    ここ数日の話ですが急に床(フローリング)がつるつる滑る様になりました。床の塗装の具合が悪いのか、冬と…
  3. 排水のトラップ
    日立製だけに限らないと思いますが、最近の洗濯機は排水がつまるとエラーで止まる様な仕掛けになっています…
  4. 絵本棚の上の部分
    前回から絵本棚の製作に取り組んでいますが、今回のdiyテーマは上段の収納部分の自作です。 [c…
  5. 棚作りをするにしても、その他の木工作品を作るにしても日曜大工(DIY)の現場で直角に線を引く機会は想…
  6. 今回は壁掛けタイプの飾り棚の作り方を紹介します。 市販の棚受け金具さえあれば簡単に自作できます…
  7. レセプタクルの中身
    たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的に…
  8. ベビーゲート
    今回はベビーゲートの紹介です。子供が1歳を迎える頃には用意しておいて損はない便利な商品です。メーカー…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  2. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  3. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  4. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  5. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  6. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  7. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  8. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…

ガーデニングやエッセイ

  1. 愛する子供たちへ 将来もしも自分のことを相手に伝えたいと強く思う時が来たなら自己主張するよりも…
  2. 今の私の仕事は何なのか?優先順位は何か? よく考えることがあります。悩むというニュアンスではな…
  3. 今回は玄関の収納スペースを飛躍的にアップさせた棚の紹介です。 元々のna工房の玄関先は比較的狭…
  4. アジサイの花
    また咲かなかったね、アジサイの花。 初年度に咲いて以来、毎年葉は青々と芽吹けど三年ぐらい咲いて…
  5. 別に何が見たいってわけでもなかったんだけれども、たまたまついてたテレビからアフリカの映像が流れてきた…

応援お願いします!

リンク

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

リンク

ページ上部へ戻る