クレーム対応ってどこか喜劇的ですよね

  • 2016/7/8
カフェの風景

クレーム対応の電話って受けたことありますか?結構精神的にキツイものがありますよね‥体調を崩す方だっていらっしゃいます。

私も普段はサラリーマンな訳ですから、仕事していれば嫌でもそういった電話に出る機会が多くなります。

いろいろあって、中には悪質なクレームというのもありますが、大抵はちょっとした誤解が原因でのお怒りであったりだとか、アドバイス一つで片付いたりするクレームがほとんどですので特に怖れる事は無いんですけどね。

ただ、悲しいことにその場では解決できない要求というのも中には混じっており、そういった場合は心苦しい思いをすることがあります。いわゆる「お気持ちは察しますが対応致しかねます」状態です。そんなとき何が出来るかといえば、単純にお客様のお言葉に耳を傾け続けるしかないんですね。

例えば、お客様の要求が現状の技術力ではどうにもならない問題であったりだとか、もしくは製品の急な故障などでお客様の現場で支障をきたしている場合などは、電話越しにでもビシビシと感じられるぐらいに相手の不満がぶつけられてきます。

しばらくもうサンドバッグの様になるわけですが、お客様もその内に気づき始めるわけです、「残念ながらこの問題は電話でごちゃごちゃ言った所でどうしようもない」ということに。そうなると途端に悲劇チックになってきます。

先程まで怒りで攻撃的だったお客様が急にしおらしくなるんですね、見事なまでに。

そこから先はなぜか「相談の世界」に入って行きます。「なんでも良いから聞いてよ」の状態です。さっきまでサンドバッグ扱いだったものが、今度は仏壇で拝まれる様な感じになってきます。もうその内容は仕事上の愚痴であったり、人生相談であったり多岐にわたります。私は仏様と違うぞと思わず突っ込みたくなります。

しかし、そうなるともう最後まで付き合うしかないんですよね、こっちも他に仕事があるのにね。可笑しいですよね。

しかし可笑しさの極めつけは最終的にお客様から謝罪と感謝の言葉が送られることです、「さっきは悪かったな、ありがとう」と。

悪い気はしないのですが、結局当の問題は何も解決していないという事に今度はこっちがモヤモヤするのです。お客様はスッキリしたかもしれませんがね‥

その様な訳で今度は私がこのブログにこのモヤモヤ感をぶちまけるのです、読んでくれた読者の方はどうか笑って下さい。そうすればこのモヤモヤは昇華されると思うのです。

チャップリンの言葉じゃないですが、クレーム対応ってクローズアップで見ると悲劇ですが、ロングショットで見ると喜劇ですよね?

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  2. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  3. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…
  4. 見た目は蝶結びとほとんど変わらないけれども強い紐の結び方に"イアン・ノット"という技術があります。 …
  5. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  6. 花粉症用の眼鏡
    丸のこでちょっと木材を切ったりするぐらいならどうってことありませんが、電動トリマーで切削したり、電動…
  7. LABRICO(ラブリコ)を使用した玄関脇の棚
    素人diyだけどプロっぽく仕上げたい‥ これまで数多くの棚や机なんかを自作してきたna工房です…
  8. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…
  2. 木彫りのネコ(背伸びのポーズ)
    手作り、ハンドメイドって楽しいですよね? また木彫りでかわいい置物作りがやりたくなってきました…
  3. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  4. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  5. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  6. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  7. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  8. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. たった一つのアイテムが人々の暮らしの流れを変えてしまう事があります。 スマートフォンが世に出回…
  2. お茶っ葉を空のパックに詰め込む際には、一旦ボールにお茶っ葉を移しかえてから、茶匙(ちゃさじ)を用いて…
  3. ぽかぽか温まる息子の絵
    わが家のおチビちゃん達は大のお風呂好きです。 3歳の娘と1歳の息子ですが、湯船に入って遊びだし…
  4. 金魚鉢に金魚
    夏が美味しいビールの季節であるように、金魚鉢で泳ぐ金魚を眺めるのもまた夏が良い。夏というのはそう、冷…
  5. 駅ナカの売店って結構コロコロかわりますよね。この間までパン屋さんだなって思っていたら、いつの間にか“…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る