ちょっとだけ角をとりたい時は豆鉋が便利!

  • 2016/3/23
豆鉋と切り屑

豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。

豆鉋

豆鉋

これです。デザインも非常優れていますね。実はこの小さな体で便利に活躍してくれる道具でもあります。今回は豆鉋の中でも「内丸の小サイズ」の使い方を紹介します。

木工や日曜大工に励んでいると、ちょっとだけ木の角を削りたい時が出てくると思います。

思いきって丸く面取りする場合はトリマーという電動工具が便利なのですが、そこまでいくと大量の切り屑が出るし、大層だと感じることもあるかと思います。

トリマーとボーズ面ビット

トリマーとボーズ面ビット

上の画像は電動トリマーと先端のビット、そして丸く面取りした木材ですが、日常生活では見慣れない工具ですので、慣れない方はこの画像を見るだけで少し気が引けてしまうかもしれません。

ルールを守れば危なくはないのですが、使い方を誤れば指の一本ぐらいは簡単になくなってしまいますので、このクラスの工具を使う場合は詳しい方に一度教えてもらうのが良いかと思います。

しかし、豆鉋を使えば、ここまで丸く綺麗な面取りとはいきませんが、安全に木材の角をスッと削ることが可能です。

豆鉋の裏側

豆鉋の裏側

内丸反りの豆鉋の裏側は上の画像の様に溝が掘られています。そして、この溝に沿って木材の角を削るという仕組になっています。

角が立っている木材

始めはこのように角が立っている木材も、

2~3回程度で良いので鉋かけしてあげると、角がとれて落ち着きます。

角をとった木材

画像だけでは伝わり難いかもしれませんが、これだけでも手に触れた時の感触が全く違ってきます。そして、実際に現物を見た時の印象も大きく変わって来るのが不思議なところです。

とどのつまり、手作りの暖かな印象というのは、こういった作業の上に成り立つ世界なのかもしれません。

ちょっとしたディテールの違いなんですが、重要なポイントなのでもう少し語ります。下手に奇抜なデザインに手を出すより、何気無い単純なデザインでも良いので、適切な角の取り方、面取りを追求する方が、傍目(はため)からは悪目立ちする事なく良いものが出来上がったりします。

豆鉋と切り屑

豆鉋と切り屑

ほんの一手間なのですが、そこには作ることの喜びがあります。切り屑というか削り節を見るだけで少し心が和らぐのは私だけでしょうか?

実は角を取るということは見た目だけの問題ではなく、安全性の向上にも繋がります。小さな子供の動きは本当に予想がつきません。特に手の届く範囲のモノであればなるべく丸く仕上げておくことが後々の怪我の防止にも繋がると思います。


リンク


(関連記事)



 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  2. 金具とステンスリーブに紐を通す
    革で出来たネックストラップが私のお気に入りです。 仕事中は携帯電話を首からぶら下げて行動してい…
  3. 木製テープカッターの構造
    今回は木製のテープカッターの作り方の紹介です。 小さいものですし、手作りならではの優しい雰囲気…
  4. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  5. 排水のトラップ
    日立製だけに限らないと思いますが、最近の洗濯機は排水がつまるとエラーで止まる様な仕掛けになっています…
  6. 吊戸棚にキッチンペーパーホルダーを取付け
    余分な油を吸い取ったり、野菜の水をきったりするのに欠かせないキッチンペーパーですが結構かさばりますし…
  7. 丸鋸画像
    今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼も…
  8. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  2. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  3. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  4. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  5. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  6. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  7. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  8. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. 子供にふと驚かされることがあります。 先日の話ですが、あの時もひどく暑い夏の晩で、汗ばむシャツ…
  2. 金魚鉢に金魚
    夏が美味しいビールの季節であるように、金魚鉢で泳ぐ金魚を眺めるのもまた夏が良い。夏というのはそう、冷…
  3. ちょっとした事だと思うんですが‥ 例えば、誰かが仕事か何かで失敗をしたとしていきなり「おい、何…
  4. 網戸をゴシゴシ洗っています
    当たり前の事なのでしょうが、子供はよく大人の真似をします。良くも悪くも鏡のような感じです。今現在は運…
  5. 今回も決してスポットライトを浴びることのない小さな小さなお話しをしたいと思います。 今は全くの…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る