カラフルな切り絵の作り方を紹介!デザインナイフと色紙でつくる翡翠(カワセミ)の切り絵

  • 2016/3/11
切り絵作品「翡翠(かわせみ)」

以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出てオリジナリティのある作品を作りたくなるかと思います。

そこで今回は少しレベルを上げまして、自分でデザインした構図でカラフルな切り絵を作る方法を紹介したいと思います。

切り絵作品「翡翠(かわせみ)」

切り絵作品「翡翠(かわせみ)」

どんな感じになるのかというとですね、上の画像の様な感じになります。

切り絵というと単色で繊細なデザインのイメージがあるかと思われますが、実はこのように大胆な構図でカラフルな配置を行うことで、また違った味わいのある作品を制作する事も可能なのです。(こうなると貼り絵の要素も強いのですが、作業手順的にはやはり切り絵に近いかと思われます。)

中級者向けだとは思いますが、下書きのデッサンさえ出来れば残りの作業は簡単ですので怖がらずにやってみましょう!

まずは下書き

まずは下書き

まずは構図を決めて下書きします。ここで出来栄えの8割が決まりますので慎重に且つ大胆に攻めましょう。注意点としましては余り細かくし過ぎない事と、一つ一つのパーツを一筆書きで描くことです。当然に後で切り抜く訳ですからパーツにならなくてはいけません。

トレーシングペーパーでなぞります

トレーシングペーパーでなぞります

下書きが出来たなら、トレーシングペーパーを用意し、下書きのラインに沿って鉛筆でなぞります。ここでの注意点はなぞっている間に下書きの用紙とトレーシングペーパーがずれないようにしっかりと押さえることです。ずれると後々の工程に差し障りが出ますので、しっかりと押さえながら作業を進めましょう。

トレーシングペーパーの下に色紙を敷く

トレーシングペーパーの下に色紙を敷く

続きまして、下書きの用紙を取り除き、かわりに色紙をトレーシングペーパーの下に敷きます。

この後は想像がつくかと思われますが、デザインナイフでトレーシングペーパーごと色紙を切り抜きます。深く切り込まないと、トレーシングペーパーだけを切り抜いてしまうという結果になりかねませんので、しっかりと深めに切りましょう。

背中と頭

背中と頭

後は切り抜いた色紙を下書きの用紙の上に貼り合わせていけばOKです。指先だけでは作業しにくいと思いますので、ピンセットは必需品になるかと思われます。用意しましょう。

ちなみに背中と頭は水色の色紙を用いました。

嘴と腹側

嘴と腹側

嘴と目のラインは黒色、腹側はオレンジ色、その間に青色を差し込んでいます。順序は特に気にしなくても構いません。

枝の部分

枝の部分

上の画像は、枝の部分を切り抜いている工程です。

枝と鳥の足

枝と鳥の足

枝の部分は濃い茶色と薄い茶色の2色を使用しました。2色使うことで枝特有の捻れ具合や影の具合を演出することが出来ます。あれから喉元に白色を加え、腹に濃いめのオレンジ色を加えました。後は枝に掴まる足を付け加えれば完成です。

意外に簡単そうでしょ?

やってみれば思ったよりスムーズに作業は進むかと思いますので、ここは一つ自分だけのオリジナルの切り絵を作ってみませんか?カラフルで可愛いですよ。

(5/7追記)

セキショクヤケイを切り絵で表現

セキショクヤケイ(野鶏)を切り絵で表現

そして、上の画像は野鶏(セキショクヤケイ)ですが、オレンジや黒を使うとキリッとした雰囲気になりますね。ちなみに下書き段階ではこのような感じでした。

下書き段階(セキショクヤケイ)

下書き段階(セキショクヤケイ)


リンク

デザインナイフさえあれば、急に楽しく作業できる様になります。

リンク

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  2. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  3. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  4. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  5. トリマーとボーズ面ビット
    トリマーという電動工具はとても便利な道具です。ひとつあれば日曜大工(DIY)の世界がぐっと広がります…
  6. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  7. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  8. サイクロン式集塵機
    木材を加工すれば必ず大量発生する切り屑たち。日曜大工(DIY)に勤しむ方にとっては悩みの種ではないで…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  2. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  3. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  4. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  5. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  6. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  7. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  8. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. 風呂場のバスタブにヤモリ
    日曜の昼下がり ヒャーという妻の軽い悲鳴めいた声に驚き騒がしい方向に近づくと、どうやら風呂場に小さな…
  2. これで鉢も復活
    手間だけど楽しい土の再生や鉢磨き、今回は晴れた日にしたい土いじりの記事です。 鉢植えの花という…
  3. 今回は本のご紹介です。 “「フランダースの犬」解説―風車が燃えた秘密―” こ…
  4. ちょっとした事だと思うんですが‥ 例えば、誰かが仕事か何かで失敗をしたとしていきなり「おい、何…
  5. 絵本棚製作完成
    “頭よりも自分の手を信じた方が良いこともある” 我が家には木で出来たモノが多い。 こんな…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る