木材塗装、ワックス仕上による撥水効果を簡単に実験!

  • 2016/2/12
木口から見て浸透具合を確認

大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの?

日曜大工(diy)の仕上段階でよくお世話になる塗料関係ですが、実に様々な種類がありますよね?実際問題ホームセンターで何を使って良いか迷われている方も多いのではないでしょうか?

人それぞれ好みはあるかと思われますが、na工房では木材の内部に浸透していくタイプの塗料を好んで使用しています。

理由としましては浸透系の塗装の方が木目や木の質感が綺麗に残るからですが、しかし、今まで塗料や仕上げワックスを行うことで、現実どの程度の効果が現れるのかという実験的な事をしたことがありませんでした。

そのような訳で今回は簡単な実験をしてみました。特に撥水(水を弾く)効果に焦点を絞ってみます。

塗装なし、蜜蝋ワックス、亜麻仁油

塗装なし、蜜蝋ワックス、亜麻仁油

まずは着色をしていない段階の木片端材を用意し、それぞれ塗装なしの生の端材、蜜蝋ワックスを塗った端材、亜麻仁油を塗った端材を作って1日放置します。

さあ、水をそれぞれに垂らして実現してみましょう!

それぞれの端材に水を垂らす

それぞれの端材に水を垂らす

無塗装の木片の端材に関しては、水を弾くことなく、横にベタッと拡がって行き内部に吸い込まれていきました。

蜜蝋ワックスと亜麻仁油を塗った木材の端材に関しては綺麗な水玉が出来上がり、水を弾いている様子がハッキリと現れました。

蜜蝋ワックスの水玉の方がよりくっきりと浮かび上がっている様に見えますが、なぜかは分かりません。油の性質の違いが関係しているのかもしれませんし、亜麻仁油は乾燥に時間が掛かるという性質の為、1日の放置では乾燥期間が短すぎたのかもしれません。

続きまして、今度は水性のステイン系塗料で着色してから同様の実験を繰り返します。

着色後、蜜蝋ワックス、亜麻仁油を塗って水を垂らす

着色後、蜜蝋ワックス、亜麻仁油を塗って水を垂らす

着色後、早速仕上げ無しの端材と蜜蝋ワックス仕上げと亜麻仁油仕上げの端材を用意し、水を垂らしてみます。

水の弾き方に関しましては、塗料による着色の有無に関わらず同様の結果になりました。この結果によって水性塗料で着色しただけでは撥水効果は全くないことが分かりますね。

木口から見て浸透具合を確認

木口から見て浸透具合を確認

木口側から見ると、水が内部に浸透していることが良く分かります。着色塗装だけの端材は良く水を吸っています。蜜蝋ワックスは完全に撥水しています。亜麻仁油に関しては一見水が浸透してしまっているように見えますが、これは事前に塗った油自体が木片の内部に浸透していますので湿って見えるだけです。(これだけ内部に油が浸透するなら乾きにくいのも頷けます)

ここで注意ですが、撥水効果だけを見ると、水性のステイン塗料は着色効果だけの存在に思われるかもしれませんが、実は蜜蝋ワックスや亜麻仁油にはない防虫やカビの発生を妨げる効果等があります。

これは塗料缶の注意書等を細かく見ると、上記のような効果を確認することが出来ます。ただ、この辺りの事は個人では実験のしようがありませんので、メーカーの謳い文句を信用するしかないのが心残りです。

しかし、直近3年の工作物を見渡したところ、水性ステイン塗料で着色したものは確かにカビたり腐ったりしていませんので効果は出ているものと信じています。(無塗装のものはカビてしまった事があります。)

少し手間ではありますが、着色やワックス塗りは後々の耐久性に密接に繋がりますので、丁寧に仕上げたいものですね。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 部分的に丸みを帯びた面取
    木材を全体的に面取するにはトリマーが便利だという事は何度か紹介しておりますが、今回は趣向を変え、部分…
  2. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  3. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  4. レセプタクルの中身
    たとえば階段の上や廊下の天井にシンプルに電球だけを取り付けたいと考えた事はありませんか?イメージ的に…
  5. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  6. ブロアー
    木材加工の際の切り屑対策ですが、皆さまどのようにされていますか? na工房は木工を始めた当初、ホウ…
  7. 単純で強いロープの結び方の一つに"本結び"、別名"スクエア・ノット(米国)"もしくは"リーフ・ノット…
  8. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  2. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  3. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  4. ミニチュア小屋とぽれぽれバイソン
    ミニチュアって良いですよね?今回は市販品のミニチュアにハンドメイドの小屋をコラボさせようという企画で…
  5. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  6. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  7. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  8. 和室の棚(大入れ継ぎで作成)
    皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか? 例えばホームセンターに行けば…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る