羊毛フェルトに取り組もう!今回はフクロウを自作

  • 2015/12/30
フクロウ(羊毛フェルト)完成

普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティングドール)と呼ばれているモノで、簡単に説明すると綿状の繊維を専用の針(ニードル)でチクチクと根気よく刺して、固めて造形していくというモノです。

専用の針(ニードル)

専用の針(ニードル)

画像では分かりにくいですが、針の一部分がギザギザっとなっており、綿を刺すと繊維が複雑に絡まり合い、固くなるという原理の様です。

女性の間では人気が高いらしく、本屋に行くと、羊毛フェルトの手順書や作品集など専用のコーナーが出来ている程です。本屋さんなのに初心者向けキットまで販売されておりました。

羊毛フェルトスターターセット

羊毛フェルトスターターセット

先程の専用ニードルですが、このスターターセットに入っていたモノです。試しに小さな玉を作ろうと綿を刺してみました。

試しに綿を刺してみました

試しに綿を刺してみました

先程のスターターセットにスポンジマットも付属されていますので、その上で根気よく刺します。それほどの大きさではありませんが、固くなるまではかなりの回数と時間を要する事が分かりました。しかし、だんだんと固くなっていく様子はちょっと感動をおぼえます。

さて、何をモチーフに作品を作るかですが、前回は木彫りですずめでした。同じ様に鳥を作った方が木彫りと羊毛フェルトの素材感を比べるのに丁度良いだろうという事で「フクロウ」を題材に進める事に致しました。

ベースの綿

ベースの綿

白の綿を大胆に取り出し、ここからベースを叩き出していきます。

ニードルで固めていく

ニードルで固めていく

10分ほど根気よく刺し続けると上の画像位のベースが出来上がります。

背面部分に茶色を足したかったので、茶色の綿を置きます。特に接着剤等は必要なく、専用のニードルを刺すだけで徐々に一体化していきます。

背面部分に茶色を足す

背面部分に茶色を足す

焦らず少しずつ茶色の綿を足していき、伸ばしていきます。額近くまで行けばOKでしょう。ここまでだとペンギンなのかフクロウなのか見分けが付きませんが気にせずに進みましょう。

オプションとして翼や腹の模様を後付けで作成します。量が重要ですので、綿の分量には注意しましょう。間違うと不細工になりますよ。

翼と腹の模様

翼と腹の模様

翼を取り付けると一気に鳥らしくなりますね。

フクロウ途中経過

フクロウ途中経過

上の画像は途中経過ですが、クチバシが平面的であることと、フクロウの特徴のある足が表現出来ていないので、まだ半端な感じがします。

この後、木工でクチバシと足を追加で作成しました。

クチバシ(木工)

クチバシ(木工)

足(木工)

足(木工)

クチバシと足の微妙な曲線ラインはハイスピードロータリーツールを駆使して作っています。

フクロウ(羊毛フェルト)完成

フクロウ(羊毛フェルト)完成

そして、上の画像がフクロウの完成形なのですが、今回瞳を閉じたバージョンにしました。そしてクチバシの根本は薄目の茶色にし、先程木工で作成したクチバシをボンドでくっ付けました。木工で作成した足に関しても同じです。

あと、毛羽立ちに関してですが、少し粗めの感じにしたかったので、これぐらいで納めていますが、丁寧に細い針で仕上げをしたり、細いハサミなんかでカットしてあげるとさらに綺麗なイメージになります。

では木彫りのすずめと羊毛フェルトのフクロウを並べてみましょうか?

フクロウ(羊毛フェルト)とすずめ(木彫り)

フクロウ(羊毛フェルト)とすずめ(木彫り)

やはりふわふわ感は羊毛フェルトを使うことで格段に上がりますね。ただ木彫りの粗い感じも良いですね。

羊毛フェルトは重心のバランスを取るのが難しいですが、木工で足を付け足すことで安定感が増すという事が分かりました。

なかなか奥の深い世界です。

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 日曜大工(diy)で木材を加工切断したい。ジグソーや丸のこがあることを知ったがいまいちどちらを買えば…
  2. 木製カート(子供用)
    今回は子供用の木製カート、木製台車の作り方を紹介します。イメージ的にはサンタさんが乗ってそうな木製の…
  3. 吊戸棚にキッチンペーパーホルダーを取付け
    余分な油を吸い取ったり、野菜の水をきったりするのに欠かせないキッチンペーパーですが結構かさばりますし…
  4. トリマーとストレートビット
    電動トリマーは木材加工において便利な電動工具の一つですが、取扱いを間違えると、非常に大きな事故へと繋…
  5. サンダーで磨いてあげる
    大工仕事をしていると、何かと出てくる端材達。ゴミになるかと思いきや、何かと便利なのでその都度再利用し…
  6. ロープ(紐)の結び方で代表的なものの一つにもやい結び(舫い結び)があります。英語では“bowline…
  7. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  8. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. カッターで切り抜き
    今回は珍しくスプレーを使用したdiyです。家にある無地のゴミ箱にシルエットデザインを施そうという試み…
  2. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  3. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  4. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  5. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  6. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  7. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  8. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. 三月も中旬に差し掛かると指先がかじかむような寒さも和らぎ日中の陽射しが暖かくなってきます。奈良では東…
  2. 最近ステンレス製のピンチハンガーを購入しました。そして同時に衣類様のステンレスハンガー40本買いまし…
  3. ぞうさんの木彫り
    つい最近の事ですが、ゾウをモチーフに木彫りしました。 リアルな感じではなく、コロコロぽってりし…
  4. しばらくの間でも家を離れてみると気付くことがあります、例えば出張なんかで三日も家を離れれば、自分から…
  5. 風呂場のバスタブにヤモリ
    日曜の昼下がり ヒャーという妻の軽い悲鳴めいた声に驚き騒がしい方向に近づくと、どうやら風呂場に小さな…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る