使われていない時のことも考えてデザインに取り組もう!

  • 2015/11/1
カウンターの上は棚になっています

na工房は日曜大工ぐらいのことしかしていませんが、最近思うところがあり、デザインに関する本を少しあたってみました。本屋でパラパラっとみて、何となく心に引っ掛かった本を購入しました。

「ウラからのぞけばオモテが見える」佐藤オオキ、川上典李子共著

家に帰って読んでみましたが想像以上にハッとさせられる言葉の多い良い本でした。本の中身をあんまり書いてしまうと問題があるでしょうが、今回ほんの一部を拝借いたしまして、思ったことを綴ってみたいと思います。


P.137「モノ作りをする際、デザイナーはそのモノが『使用中』の状態を強く意識しがちですが、実は使われていない時間の方が長かったりします。・・・(中略)・・・モノの『休み時間』とも呼べる、あまり人々の役にたっていない状態を再考してあげることで、新たな展開が見えてくる気がします」。


正直相当ショックを受けました。日曜大工(diy)でものを作るにしても、何となく無意識の内にそういったことを考えながら、作業をしていましたが、ここまで端的にこういったポイントを言葉にする人間がこの世の中にいるということが衝撃でした。なぜ私が日曜大工でモノをこしらえるのかを自分ではない他人に指摘されて気づかされたといった感じです。

そうなんですよね。モノを作るときは、使われている状態だけを考えて作ると上手くいかないのです。ご指摘通り使われていない状態の方が圧倒的に長いわけですから、使われていない時に目障りにならない、いや逆に何か楽しめるようになることを前提に進めていくことで、良いものが仕上がっていきます。

別記事でおままごと用のカウンターを制作した事を紹介しましたが、あれも元々は子供の遊び場を作ることが前提でデザイン制作したわけではありません。子供の手の届かないところに、カッター、はさみ、接着剤などを収納する棚を作りたいという要望から始まっています。

そして、そういった高い位置に棚を作るのであれば、棚の下に無駄なスペースができることになります。どうせ無駄なスペースとして使われない空間が発生するのなら、その空間を子供の遊び場にしてしまえば良いという発想です。

カウンターの上は棚になっています

子供の手の届かないところに棚をもうける

おままごとしている娘

棚の下はカウンターになっていておままごとが出来ます

上の画像を見ていただければ、どういったものであるか想像しやすいかと思います。いわゆるデッドスペースを逆手に取った構造です。子供の手が届かない場所には刃物などの危険物を収納。逆に子供の手の届く範囲の場所には楽しく遊べる空間にする。同じ場所だけれども高さによって相反する二つの要素を組み合わせた例となります。

子供が遊んでいない時でも棚としての機能ははたしていますし、刃物などの危険から子供を切り離しています。

これが単に子供の遊び場としての為だけにリビングに作ったのなら、かなり邪魔というか、スペースの無駄遣いになりますよね。

え?子供が大きくなって遊ばなくなったらどうするかですか?

え~、それはその時に考えます。

もしかしたら掃除用具入れとかになっているかもしれません。

 

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  2. 外れ止めをドライバーで緩める
    世の中に出回っている網戸掃除の情報は、基本的に網戸サッシをレールから取り外さない事を前提に取り上げら…
  3. 丸ノコと丸ノコ定規(手前から見た図)
    今回は簡単に自作できる丸のこ定規の紹介です。 まず、木材をスピーディーに切断するのに便利な道具…
  4. 隠し釘
    今回は隠し釘の紹介です。 ちょっとした工作物を木工で作ると、場所によっては釘やネジの頭が見えて…
  5. クッションシートをめくる
    今回は自転車用チャイルドシート(後ろ側)の取付け方を紹介します。 子供が乗るものだし、自転車屋…
  6. 豆鉋と切り屑
    豆鉋ってご存知ですか?掌にちょこんと乗るサイズの本当に可愛らしい鉋です。 [caption i…
  7. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  8. 木口から見て浸透具合を確認
    大工仕事の仕上げに塗料やワックス・オイル等を木材に塗ると実際のところどういう効果が出るの? 日…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  2. アイロン接着フェルトを切抜き、ワンポイント作り
    無地の生地に何かしらの目印、ワンポイント的な何かを付けたいなという時に便利だなと思うものに、“アイロ…
  3. フクロウ(羊毛フェルト)完成
    普段は木工ばかり手掛けているna工房ですが、今回は初めて繊維に取り組みます。羊毛フェルト(フェルティ…
  4. 花瓶と木彫りのすずめ
    周りの余計なモノが被写体と一緒に写真画像に写ってしまう。画像をアップする工程では避けたいポイントです…
  5. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…
  6. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  7. 壁に跳び付くネコ
    前回からの続きでネコの木彫りです。 今回のは「壁に向かって跳ぶ(ジャンプ)するネコ」を木彫りで…
  8. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る