集成材で棚作り! 少し上のレベルを目指すあなたへ!

  • 2015/8/22
和室の棚(大入れ継ぎで作成)

皆さまは棚を自作するとしたらどのような材料を用いて作られますか?

例えばホームセンターに行けば、色んな木材が販売されています。その中でもSPFと呼ばれる材料なんかは比較的安価で手が出しやすい材料ですよね?

しかしながら、少し見渡しますとホームセンターの資材コーナーの中に集成材と呼ばれる板状の木材が販売されていることに気付くかと思われます。見たことありますか?

パッと見、馬鹿でかいので、素人が手を出すような物では無さそうに見えるのですが、これが中々慣れると非常に便利な材料なのです。

私も集成材を購入して工作する事が多いのですよ。その様な訳で今回は集成材を用いた棚作りの話をしたいと思います。(別にSPFでも良いのですが、実は松ヤニの問題が面倒なのです。)

集成材の特徴としては品質が安定しているので使いやすいというポイントがあります。購入時点で始めから材料が反り返っている心配があまりありません。それだけで気が少し楽になります。※通常市販されている木材は曲がっている品がかなり混入しています。


あと2100×500等の大きなサイズが置いてあるので購入時にお店でカットしてもらえれば小さなサイズの資材をバラで買うより金銭的にお得になるというポイントがあります。

集成材カットの例

集成材カットの例

例えば上記の様に集成材をカットすれば棚板3枚に支柱となる柱部分が4本取れます。

幅650mmの奥行380mmの棚板3枚ですので結構大きめの棚が作れますね。

集成材と簡易図面

集成材と簡易図面

棚作りぐらいなら、立面図を簡易的に手書きすれば完成した時のイメージを掴めます。そして、図面を基に集成材に鉛筆で印をつけます。棚受けを設置するにせよ、溝堀加工をするにせよ、棚ピッチに合わせて加工位置にチェックを入れれば、後から作業する時にぐっと楽になり捗り(はかどり)ます。


棚作りにおいて重要なポイントの一つとして頑丈でぐらつきがないことがあげられると思いますが、na工房では木工用ボンドとクランプによる圧着でもって木枠を作り、強度を上げる方法をお奨めしています。

パラレルクランプで圧着1

パラレルクランプで圧着。頑丈な木枠を作る。

上の画像の様な木枠を作り、棚作りに取り入れると頑丈な造りになります。


そしてここでもう一つポイントですが、ワンランク上の棚作りを目指すのであれば、トリマーや、鉋(かんな)等で木材の角を面取してあげると棚板にしても、支柱や側面にしてもオリジナル性の高い見栄えのする材料にランクアップします。

面取された木材

面取された木材

面取された木材は美しく棚の部材に取り込むと、板を組み合わせただけの棚とは一線を画します。このような面取をするにはトリマーという電動工具とビットと呼ばれる先端の刃物が必要になります。

トリマーで面取した後はサンドペーパーで磨いて木目細やかな手触りになるようにしましょう。上の画像でもかなり柔らかいイメージになっているのが見てとれると思います。サンドペーパーは#240~#320ぐらいで磨くと良いでしょう。


集成材は始めから表面がツルっと加工されていますので、塗料の乗りが良いのも特徴です。SPFなんかはサンドペーパーで磨いた後でないと色ムラが出来てしまいます。

ステイン系の塗料を使えば木目が活きたナチュラルな感じに仕上がりますのでna工房的におすすめです。下の画像を見ていただければ、木目が損なわれずに着色されている様子が分かるかと思います。

和室の棚(大入れ継ぎで作成)

和室の棚(大入れ継ぎで作成)

柱の部分をチーク、棚板を白木色にするとこのようなイメージになりますし、次の画像のようにナチュラルで統一させるとガラッとイメージが変わります。

玄関脇の棚

玄関脇の棚


ちなみにna工房の棚はスッキリしたデザインになっていますがこれは大入れ加工(継ぎ)で組んでいるためです。

大入れ継ぎ

大入れ継ぎ 拡大図

拡大して見てみるとよく分かると思いますが、溝を掘って棚板をそのままはめ込んでいますので、一般的な棚受けの部分がありません。その分広々とした空間が出来ます。大入れ加工や大入れ継ぎに関しては別の記事で個別に紹介していますので良ければそちらも読んで頂くと嬉しいです。


色々試してみるとそれぞれの自宅に合った色合いや加工方法が分かる筈ですので楽しんで作業しましょう。この記事も参考にはなるでしょうが、自分でやらなきゃ分からない事の方が多いと思います。

このサイトでは日曜大工(diy)に役立つ情報をちりばめております。過去の記事の一覧や単語(ワード)の検索で色々見ていただければきっとお力になれる情報が手に入ると思います。

このサイトを通じてイメージを沸かせたり、参考にしていただいた上で日曜大工(DIY)を楽しんで頂ければ嬉しいです。

関連記事

大入れ加工で棚作り!トリマーで溝堀する方法を紹介。丈夫でスタイリッシュな棚を作ろう!

角を丸く加工する!電動トリマーで柔らかな面取を実現しよう!

クランプで圧着!木工現場で驚きの強固さを実現!

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 今日は石粉粘土(ねんど)の紹介です。 今まで特に使用していなかったのですが、これが使い始めると…
  2. サイクロン式集塵機
    木材を加工すれば必ず大量発生する切り屑たち。日曜大工(DIY)に勤しむ方にとっては悩みの種ではないで…
  3. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  4. 今回はカーテンレールの交換や取付けについての話です。 我が家のカーテンレールも古くなってきまし…
  5. 黒板付きの扉
    今回は塗るだけで黒板になるチョークボードペイントの紹介です。diy好き必見! [caption…
  6. 棚作りをするにしても、その他の木工作品を作るにしても日曜大工(DIY)の現場で直角に線を引く機会は想…
  7. センサー付のLED電球
    家庭用のLED照明技術が発達してきて、これは良かったなと感じる商品の一つに“人感センサー付のLED電…
  8. ハタガネで密着保持
    今回は接着剤と相性の良い道具を紹介します。 その道具の名前は“ハタガネ”といい、構造的には金属…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  2. たくさんフクロウのマトリョーシカを作りました
    今回は市販のマトリョーシカキットを用いてフクロウモチーフのマトリョーシカを作ったお話しです。結構フク…
  3. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  4. 玄関脇のワイヤーネット
    ワイヤーネットって便利ですよね。 ちょっと壁に掛けておくだけで色々楽しめます。ホームセンターや…
  5. バイスで固定
    何かとdiy好きの中ではネタにされる題材として「天空の城ラピュタの飛行石ペンダント」の再現があります…
  6. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  7. 消しゴムはんこ「ふたば」完成
    今回はトレーシングペーパーを用いた「消しゴムはんこ」の作り方を紹介したいと思います。材料や道具も10…
  8. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…

リンク

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る