丸のこの紹介!頼もしい日曜大工(diy)の味方!

  • 2015/8/2
丸鋸画像

今回は丸のこの紹介です。丸のこは取り扱いさえ間違えなければ、スピーディーで綺麗な直線切りができる頼もしい日曜大工(diy)の味方です。na工房では3番目に購入した電動工具です。初めて使った時の感動は今でも忘れられません。

そもそも日曜大工、特に木工の分野で一番はじめに手に入れるべき道具は何でしょうか?大工であればまずは鉋(カンナ)と答えるかもしれませんが、ことDIYに関して言えば日曜大工の世界ですので、もう少し控えめな目標設定で良いと私は考えています。鉋は職人的な刃研ぎありきの世界ですのでかなり奥が深いです。

話は戻りますが、木工現場において決められたライン通りに直線的に木材を切断するという作業は特に必要頻度が高いです。しかし鋸(のこぎり)での手作業となると真っ直ぐ切るという作業は熟練を要します。そこで丸のこの登場となるわけですが取り扱いを間違えると大きな事故に繋がりますので慎重さが必要です。

丸鋸画像

見たことありますでしょうか?

上記の画像のような製品です。プロのかたは165mmの刃を使われる方が多いようですが、私は125mmの刃のモデルを使っています。マキタの5230という機種です。本当はバッテリー式の方が圧倒的に楽なのですが、価格的な問題で手が出せずにいます。

理由は40mm以上の板厚を切る機会がほとんどないことと、角度は90度しか使っていないので、取り急ぎこれで大丈夫だろうと判断したことが大きかったと記憶してます。軽いし私の中ではかなりお気に入りの製品です。

しかし小さかろうと切れ味は抜群ですので、使い方を一歩間違うと危ないことにかわりはありません。構造的に円形の刃が連続して回転しますので巻き込まれると一巻のおしまいです。別の記事であらためて紹介しようと考えていますが、特にキックバック現象については充分に理解した上で使用することをお勧めします。

丸のこは右手で握った際、身体の外側に刃物がくるようには設計されてはいますが、一度は使用経験者に直接指導していただいた方がより安心して使用できるかと思います。

追記、別の記事で紹介しますが下の画像のような丸のこ定規を自作するとさらに便利になりますよ。

丸のこと定規

丸のこと丸のこ定規


リンク

 

(関連記事)

丸のこ定規を自作しよう!450mmと900mmの2種類で作業効率がぐっと上がる。

板の真ん中を切り抜くにはジグソーが便利!綺麗な曲線を描こう

作業台と補助台を作ろう!同じ高さで揃えるとぐっと便利に!

仲 高宏「na工房」の管理人

投稿者プロフィール

主に日曜大工(diy)やハンドメイドに関するお役立ち情報を発信しています。
電動工具の扱いや、木材の加工方法、便利な補助道具の紹介を記事にしています。
最近は「木彫り」や「切り絵」も始めました。

この著者の最新の記事

リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事1(技術系)

  1. 手伝い
    我が家の玄関先はコンクリートの土間が打ち付けられた形で駐車スペースになっているんですが、およそ10c…
  2. イヤーマフ
    電動工具の騒音について日曜大工(DIY)好きの皆さまはどのように対策されていますか?今回は電動工具の…
  3. ちょっと前の話ですが、デスクライト【電気スタンド】が点かなくなってしまい、「何でかな?」とよくよく診…
  4. 精密ドライバーセット
    通常のドライバー(ねじ回し)セットと違ってそれほど出番は無いのですが、持っていて良かったなと思う工具…
  5. 切り抜き作業の後
    綺麗な曲線で木の板を切断する事が出来れば、diyであってもワンランク上の作品を目指す事が出来ますよね…
  6. トリマーで溝堀
    以前にクランプと木工用ボンドを用いて木材同士を圧着する技法を別記事で紹介しましたが、今回はこの技法と…
  7. カットするだけで粗大ゴミから燃えないゴミ扱い
    「ノコギリを使って木の棒なんかを切った経験ってありますか?」こう質問するとたくさん方から経験あります…
  8. 鍵のトラブルは厄介です。 何せ出掛ける時は大体急いでいる時だし、帰ってきて早々鍵が開かなければ…

スポンサーリンク

おすすめ記事2(アートワーク系)

  1. プラバンで作った“ピーターラビット”と“お茶”
    3歳の娘が「“プラバン”作って」とこちらに寄ってきました。プラバンって何だったかななんて記憶の糸を辿…
  2. 木彫りのすずめ(二羽に増えました)
    前回は木彫りで雀(すずめ)を彫り出しましたが、今回は色塗りの手順を紹介します。 [captio…
  3. 今回は“白木のキット(市販品)”を用いたマトリョーシカの作り方を紹介したいと思います。自分だけのオリ…
  4. 今回は木彫りの手順を紹介します。前回は部分的に木を面取する方法を紹介しましたが、木彫りというのはそれ…
  5. 切り絵作品「翡翠(かわせみ)」
    以前市販のテキストを使用した切り絵の練習方法を紹介したことがありましたが、いくつか作ると今度は欲が出…
  6. ウェルカムドール
    この度めでたいことに妹が結婚する運びとなり、na工房としてはウェルカムドールを自作して提供することに…
  7. ちょっとだけまいごのチビフクロウ(木彫り)
    クリス・ホートン氏が手掛ける不思議な色合いの絵本「ちょっとだけまいご」をご存知ですか? 木から…
  8. フクロウさん完成(木彫り)
    今回は木彫り彫刻でフクロウさんを彫る手順を紹介致します。以前絵本に出てくるコミカルなタッチのフクロウ…

リンク

ガーデニングやエッセイ

  1. これで鉢も復活
    手間だけど楽しい土の再生や鉢磨き、今回は晴れた日にしたい土いじりの記事です。 鉢植えの花という…
  2. しばらくの間でも家を離れてみると気付くことがあります、例えば出張なんかで三日も家を離れれば、自分から…
  3. 金魚鉢に金魚
    夏が美味しいビールの季節であるように、金魚鉢で泳ぐ金魚を眺めるのもまた夏が良い。夏というのはそう、冷…
  4. カウンターの上は棚になっています
    na工房は日曜大工ぐらいのことしかしていませんが、最近思うところがあり、デザインに関する本を少しあた…
  5. 電動アシスト自転車
    電動アシスト自転車とはスピードに乗るまでの間、電動モーターの力でグイグイと漕ぐのを手助けしてくれる心…

リンク

応援お願いします!

RSSフィード登録できます!

follow us in feedly

back number 100

ページ上部へ戻る